Home > 学会賞 > 過去の受賞者
学会賞 2021年度:吉川 正人
2020年度:中村 幸人
2019年度:並川 寛司
2017年度:石田 弘明
2016年度:島野 光司
2015年度:崎尾 均
2014年度:冨士田 裕子
2013年度:星野 義延
2012年度:原 正利
2011年度:下田 路子
2010年度:前迫 ゆり
2009年度:中西 弘樹,上條 隆志
2008年度:服部 保,伊藤 哲
2007年度:福嶋 司
2006年度:沖津 進
奨励賞 2022年度:深町篤子
2021年度:設樂 拓人,増井 太樹
2020年度:大津 千晶
2019年度:鐵 慎太朗
2018年度:李 娥英
2017年度:石田 祐子
2016年度:斎藤 達也
2015年度:鈴木 康平
2014年度:加藤 ゆき恵,黒田 有寿茂
2012年度:比嘉 基紀
2011年度:大橋 春香
2010年度:蛭間 啓
2009年度:松村 俊和
2008年度:川西 基博
2006年度:石田 弘明
2003年度:安島 美穂,西尾 孝佳
功労賞 2023年度:原 慶太郎
2021年度:石川 愼吾,野嵜 玲児
2020年度:波田 善夫,福嶋 司
2016年度:中村 徹
2011年度:武田 義明
2010年度:佐々木 寧
2009年度:菊池 多賀夫
2008年度:奥田 重俊
2003年度:奥富 清,菅沼 孝之
特別賞 2021年度:田中 徳久
2018年度:亀井 裕幸
2015年度:平吹 喜彦,河野 耕三
2010年度:中西 正
2009年度:井上 香世子
2008年度:梅原 徹
2006年度:伊藤 秀三,宮脇 昭
(* 2006年度の特別賞は,表彰委員会からの推薦に基づいて授与されました.
2008年度からは一般会員の推薦によるものです)
研究発表賞 2023年度:石井 直浩(口頭),吉田 光翔(ポスター)
2022年度:武藤 惠(口頭),平 ひかり(ポスター)
2021年度:金子 和広(口頭),水越 かのん(ポスター)
2019年度:鈴木 莉野(口頭),松田 直樹(ポスター)
2018年度:鐵 慎太朗(口頭),元廣 はるな(ポスター)
2017年度:設樂 拓人(口頭),松倉 百花(ポスター)
2016年度:奥井 かおり(口頭),岩里実季(ポスター)
2015年度:大渕 香菜子(口頭),佐々木 菜子(ポスター)
2014年度:富樫 晃一(口頭),菊池 輝海(ポスター)
2013年度:鈴木 康平(口頭),宇田川 卓義(ポスター)
2012年度:水野 大樹,早坂 大亮(口頭),村松 弘規(ポスター)
2011年度:大橋 春香(口頭),山ノ内 崇志(ポスター)
2010年度:齋藤 康宏(口頭),大津 千晶(ポスター)
2009年度:塩野 貴之(口頭),飯島 浩史(ポスター)
2008年度:川角 法子(口頭),黒田 有寿茂(ポスター)
論文賞 2023度:石田祐子・松江大輔・井上亮平・小松(谷津倉)勇太・武生雅明・中村幸人:
北アルプス後立山連峰北部における広葉草原の種組成と成立要因
(植生学会誌 第39巻 第1号 15-29頁)

2022度:大利卓海・瀨戸美文・山下貴裕・比嘉基紀・石川愼吾:
高知県の里地で生育地が減少している草地生植物の生態的特性
(植生学会誌 第38巻 第2号 147-159頁)

2021度:矢口 瞳・星野義延:
武蔵野台地のコナラ二次林における植物機能群による林床管理の影響評価の有効性
(植生学会誌 第37巻 第2号 69-84頁)

2020度:齊藤 みづほ・星野 義延・吉川 正人・星野 順子:
流積と集水域面積の関係からみた西表島の渓流辺植物群落の生態分布
(植生学会誌 第36巻 第1号 17-31頁)

2019度:阿部 聖哉:
自然環境保全基礎調査植生調査データにもとづく準絶滅危惧種69種の生育環境類型化
(植生学会誌 第35巻 第2号 67-88頁)

2018年度:鐵 慎太朗・吉川 正人・鮎川 恵理:
三陸北部の岩礁海岸に成立する小規模湿地の立地特性と植生
(植生学会誌 第34巻 第2号 65-85頁)

2017年度:沖津 進・Pavel Vitalevich KRESTOV・百原 新・中村 幸人:
ロシア極東沿海地方南部におけるチョウセンヒメバラモミ-チョウセンゴヨウ-落葉広葉樹混交林の土壌乾湿傾度に沿った分布とそれからみた日本列島中部山岳域の植生
(植生学会誌 第33巻 第1号 33-43頁)

2016年度:鈴木 康平・上條 隆志・Undarmaa JAMSRAN・小長谷 有紀・田村 憲司:
モンゴルの森林ステップと典型ステップにおける耕作放棄地の植生回復
(植生学会誌 第32巻 第1号 37-48頁)

2015年度:蛭間 啓・福嶋 司:
東日本のブナ林に出現する広葉草本種の生育場所は少雪地と多雪地でなぜ異なるのか
(植生学会誌 第31巻 第2号 179-192頁)

2014年度:吉川 正人・泉 団・星野 義延:
冬季に火入れ管理される栃木県箒川の河辺草原植生の組成的特徴
(植生学会誌 第30巻 第1号 1-15頁)

2013年度:石田 弘明・服部 保・黒田 有寿茂・橋本 佳延・岩切 康二:
屋久島低地部の照葉二次林に対するヤクシカの影響とその樹林の自然性評価
(植生学会誌 第29巻 第1号 49-72頁)

2012年度:大津 千晶・星野 義延・末崎 朗:
秩父多摩甲斐地域を中心とする山地帯・亜高山帯草原に与えるニホンジカの影響
(植生学会誌 第28巻 第1号 1-17頁)