植生学会について

植生学会は「植生に関する基礎的、応用的研究の進歩と会員相互の交流を図ること」を目的に、1996年4月、日本における植生研究者の集まりであった「群落談話会」を発展させて設立されました。年に1回の全国大会開催,年に2回の学会誌発行のほか,不定期的にシンポジウムを主催しています. 会員には研究者のほかに環境関連会社の技術者も多く,2020年10月現在の会員数は467名,団体会員11団体,賛助会員1団体です.

入会を希望される方は入会案内および会則をご覧ください.

なお,植生学会は日本学術会議協力学術研究団体です.
学会名鑑へのリンク

 

 

新着情報

 

 

新着論文

第39巻 1号 (2022年6月発行)

原著論文

追悼文 p. 73-76