第22回(2017年)沖縄大会
講演要旨(PDFファイル)
第22回(2017年)沖縄大会 口頭発表

設樂拓人・石田祐子・福井俊介・上條隆志:大陸共通種チョウセンミネバリ(Betula costata)の本州中部内陸部における分布と群落の位置づけ
福井俊介・上條隆志・設樂拓人・松井哲哉:チョウセンゴヨウの過去の分布変遷と将来の脆弱性評価
増井太樹・津田智:半自然草原における火入れ後の地温変動および高温が群落に及ぼす影響
元廣はるな・冨士田裕子・三木昇・河内直子・辻ねむ:霧多布湿原の昆布干場表層土砂除去後の植生遷移―湿原植生の復元を目指して―
Nuerbiye MAIMAITI & Masato YOSHIKAWA:Floristic composition and species diversity of schoolyards in Fuchu city,Tokyo
渡辺智美・冨士田裕子:エゾシカの採食植物・不嗜好植物の現状把握と調査
前迫ゆり・曵地穂・神崎護・長谷川博幸:シカの採食環境における照葉樹林のギャップ年代と実生の多様性
川田清和・高橋健吾・ジャムスラン ウンダルマー:モンゴル草原におけるヤギの採食行動
桑原佳子・播磨さおり・足立高行:くじゅう火山群坊がツルにおける10年間の植生推移
中村幸人・大渕香菜子:東日本大震災以降の放棄水田の植生遷移
中西正:ミカワバイケイソウ,タイプ産地の植生
平吹喜彦・佐藤愛実・菅野洋・岡浩平・富田瑞樹・原慶太郎:砂浜海岸エコトーンに留意した大津波と防災事業の砂浜植物に対するインパクト評価
村上雄秀・林 寿則・目黒伸一:1地域の気候的な潜在自然植生の推定について
後藤智史・島野光司:河畔林におけるニセアカシアの侵入が種組成に与える影響
目黒伸一:ボルネオ島における山地林組成について
吉田圭一郎・比嘉基紀・石田祐子・深町篤子・若松伸彦:モミ-イヌブナ林におけるモミ林冠木の分布と落葉広葉樹との共存
小林悟志:奄美大島の豪雨土砂災害における植物群落間の影響の違い
塩野貴之・楠本聞太郎・藤井新次郎・久保田康裕:琉球列島の主要5島における樹種多様性パターンの形成機構:分類学的・系統的・機能的情報を用いた検証

第22回(2017年)沖縄大会 ポスター発表

長田美保・岡浩平:広島県松永湾における微地形が塩生植物に与える影響
黒田有寿茂・藤原道郎:兵庫県南あわじ市慶野松原における海岸植物の分布と林床植生の種組成
中島有美子・吉﨑真司:暖温帯海岸林におけるマツ枯れ跡地に成立した常緑広葉樹林の種組成
藤原道郎:兵庫県淡路島における海岸クロマツ林の林分構造と保全管理
渡邊幹男・佐野聖・内田萌・青木雅夫:群馬県館林市の城沼・多々良沼に生育するハスの品種の形態および遺伝的特性
村井貴幸・荻原麻衣・上條隆志・田中法生・石田賢也:神津島天上山における湿地性絶滅危惧種イズノシマホシクサの生育環境と競合種との関係
李娥英・冨士田裕子・小林春毅:全国規模の湿地目録と湿地植物データベースの構築にむけて
藤村善安・徳江義宏:与那国島における湿地植生の現状と37年間の変化
富田啓介:四国北部における湧水湿地植生の成立環境と分布
竹原明秀:赤井谷地の自然再生地における植生動態(2)
藤彦祐貴・中田誠:佐渡中山間地の耕作放棄棚田における地下水位と埋土種子集団の関係
平中晴朗・仲村一郎・斎藤信之・菅野絵理・前里尚・平野年洋:亜熱帯地域における在来植物群落への遷移を活用した緑化手法の検討
松倉百花・伊藤哲・平田令子・Hagus Tarno・Karuniawan Puji wicakusono・Arifin Noor:熱帯のパッチモザイク景観における植物種多様性への林縁効果
島田直明・越場さゆり・渋谷晃太郎:岩手県八幡平市安比牧野における植生の現状と今後の管理方法の検討
横川昌史・井上雅仁・堤道生・白川勝信・高橋佳孝:熊本県阿蘇東外輪山における草原再生に伴う7年間での植生の変化
須貝凌・中田誠:崩壊法面に自生するモウセンゴケの個体群動態
桂征駿・星野義延:都市緑地における花粉症原因イネ科草本の開花フェノロジーと分布
守下克彦・武生雅明:地形・地質に対応した土地利用配列と履歴が半自然草原の種組成や種多様性に与える影響
髙橋健吾・川田清和・Tseden-Ish Narangerel・Undarmaa Jamsran:モンゴルの放棄農耕地における施肥による植生への影響
澤田佳宏:淡路島の棚田地帯における畦畔表土まきだし1年後の植生
矢口瞳・星野義延:武蔵野の平地コナラ二次林における種多様性保全を目的とした林床植生管理の効果
臼田好希・山本真衣奈・井戸里奈・肥後睦輝:二次林下層に生育するコシダの分布特性および木本類の更新に及ぼす影響
大塚勇哉・倉本宣:夏期の陽性草本の繁茂は春植物ニリンソウの生育に影響を与えるか?
川西基博・安田真吾・横田圭祐:奄美大島の河川下流域における帰化植物の定着状況
伊藤菜美・崎尾均:渓畔林の林床植生に及ぼす渓流攪乱の影響
星野義延:北海道のミズナラ林の30年間の種組成の変化
塩崎暢彦・武生雅明・瀧本りりこ:夏緑広葉樹林におけるマイマイガの大発生で生じた誘導防御反応の標高および樹種間の差
鈴木伸一・中村幸人・村上雄秀:日本の森林植生の群落体系の整理-ブナクラス;ツガオーダーについて-
本江大樹・齊藤哲:照葉樹林における台風被害の程度に影響する樹木・地形的要因
崎尾均・伊藤菜美・中野陽介:只見ユネスコエコパーク沼の平の森林植生
溝口拓朗・伊藤哲・平田令子・松倉百花:スギ人工林伐採跡地における不均一な植生分布
橋本啓史・今川公揮・松浦文香・多和加織・都築芽伊・長谷川泰洋:都市林・熱田神宮林における植生の変遷
張秀龍・上條隆志・廣田充:三宅島2000年噴火跡地の植生発達段階ごとのハチジョウススキの光合成特性
森定伸・佐久間智子・佐藤克典・波田善夫:山口県周防大島の植生
二木隆裕・上條隆志・山路恵子:三宅島火山荒廃地における遷移初期植物種の葉の栄養塩特性
松井哲哉・中尾勝洋・高野(竹中)宏平・尾関雅章・堀田昌伸・須賀丈・浜田崇・栗林正俊・黒江美紗子・大塚孝一・松橋彩衣子・津山幾太郎:長野県の生態系影響・適応策評価技術開発
相原隆貴・高野(竹中)宏平・立花敏・上條隆志・大橋春香・松井哲哉:長野県における竹林分布の将来予測と自然環境要因および人間活動の影響評価
尾関雅章・堀田昌伸:北アルプス北部でイノシシによる掘り返しを受けた高山植生
加藤華織・冨士田裕子:エゾシカが林床植生に与える影響

第21回(2016年)大阪大会
講演要旨(PDFファイル,3.6MB)
第21回(2016年)大阪大会 口頭発表

片桐浩司・池田茂・萱場祐一:河道掘削後の沈水植物群落の成立条件の解明
崎尾 均:渓流域における渓畔林再生はどのようにあるべきか?
村上雄秀・西川博章・佐々木 寧:琵琶湖流域河川の河道内における木本群落、外来種群落の分布とその要因
浅見佳世:洪水時の撹乱がカワラハハコ群落の動態に及ぼす影響
大石哲也・宮本仁志・大槻順朗:洪水に伴う砂礫内への種子供給とそれが初期植生の成立に与える影響について
小川滋之・水野大樹・百原 新・加藤 顕:ニュージーランド,クライストチャーチ近郊のコワイ川における地表攪乱と植生分布の関係
平吹喜彦・富田瑞樹・菅野 洋・鈴木大駿・岡 浩平・原慶太郎:南蒲生/砂浜海岸エコトーンにおける林冠樹種集団の動態: 東日本大震災に伴う攪乱と自律的再生
村上雄秀・佐々木 寧・鈴木康平・西川博章:東海地方の海岸林の組成と分布
阿部聖哉:自然環境保全基礎植生調査データを用いた海浜植物群落の解析
内山隆・江上邦博・原正利・野井英明・志知幸治:壱岐対馬の植生変遷に関する花粉分析学的研究
橋本佳延・三橋弘宗・武田義明:植生調査資料データベースの構築とその公開方法に関する研究
冨士田 裕子・鈴木 透・小林 春毅・イ・アヨン:北海道の湿地における植物データベースの構築と保全優先湿地の選定
楠瀬雄三・長谷川匡弘:和歌山県の小規模海浜における特定外来生物ナルトサワギクと海浜植物との訪花昆虫をめぐる競合関係
大塚孝一・尾関雅章・堀田昌伸・石田祐子・浜田崇・川上美保子・横井力:長野県における常緑広葉樹シラカシ逸出個体の分布と成長過程
渡部俊太郎・中川潤・稗田真也・高田研一・野間直彦:滋賀県竹生島におけるカワウ個体群衰退が営巣地の植生パタンに及ぼす影響
前迫ゆり・渡部俊太郎・稲田友弥:シカの影響下にある照葉樹林における群落構造と開空度の空間分布
丸山知裕・島野光司:長野県松本市周辺におけるクロツバメシジミTongeia fischeri(Eversmann) が生息する植生環境
奥井かおり・澤田佳宏・吉田丈人:古老の知恵か、経験の減少か “木の実利用”の世代間差を説明するメカニズム
野嵜玲児・藤井絵莉子・向井亜依・末吉映見:落葉性ナラ類における自発落枝の生態学的研究
永松 大・奥村拓哉:照葉樹天然林の台風攪乱と落葉樹種の定着
福井俊介・上條隆志・松井哲哉:気候特性と松枯れから見たゴヨウマツ分布域の脆弱性評価
持田誠・加藤ゆき恵:北海道東部白糠丘陵におけるソラチコザクラの初確認と生育環境
中西正:伊良湖岬古山の樹木枯れとその後の回復
小林悟志:2014年に発生した奥多摩山林火災における2年経過後の林床再生モニタリング調査
泉 団:富良野地域開拓以前の原風景を残すハンノキ林の林相変化
藤原一繪・古川拓哉・林寿則・Samuel Kiboi・Patrick Mutiso:ケニア国リフトバレー周辺の森林特性
原正利・大久保達弘・Rantai Jawa・Paul Chai P. K.:マレーシア・サラワク州におけるブナ科植物の分布と植生
西脇亜也・李 暁琴・宋 維茄・宋 仁徳・李 国梅:チベット高原の過放牧草地におけるヤクとヒツジの放牧が裸地率に及ぼす影響

第21回(2016年)大阪大会 ポスター発表

澤田佳宏・黒田有寿茂:養浜工事によって海浜に持ち込まれた国内外来植物 ~淡路島慶野松原の事例~
楠瀬雄三・長谷川匡弘・横川昌史・村上健太郎:大阪府の海浜・河口における海岸植物の出現状況と大阪府RLとの対応関係
黒田有寿茂・藤原道郎・澤田佳宏・服部 保:瀬戸内地方における海浜植物ウンランの保全・再生の可能性-植生調査、植栽試験、種子発芽試験による評価
岩里実季・永松 大:鳥取砂丘における植物群落と地形との関係
竹原明秀:北上山地に点在する小規模な湿地に見られる湿原植生
石田祐子・見原悠美・津村直樹・武生雅明・中村幸人:北アルプス栂池自然園における湿原植生の種組成と立地環境
村山美咲・肥後睦輝:湿地生低木であるヘビノボラズの分布特性と実生の発生・定着過程が分布に与える影響
川西基博・鈴木英治・前田芳之:加計呂麻島呑之浦の渓畔域に成立する植物群落の種組成と種多様性
井内 寛裕・吉川正人・星野義延:多摩川中流域における孤立水域の形成パターンの変化と植生
西尾 孝佳・根本 利起哉:クズ群落の発達と種多様性,種組成の関係
山口誉貴・澤田佳宏:淡路島三原平野におけるミゾコウジュの成長と生育環境
横川昌史・長谷川匡弘・平軍二・尾方義雄:大阪府千里ニュータウンに残っていた小っちゃい半自然草原の植生
高橋瑛乃・比嘉基紀・石川愼吾:高知県中部における草原生植物の分布特性と保全に向けた課題
大窪久美子・渡辺太一・藤間竣亮:霧ヶ峰における自然再生事業及び天然記念物保存に関わる外来植物の駆除モニタリング
目黒伸一:鉱山荒廃地の植生回復における植栽された樹木の生長挙動について
胡 暁星・烏云娜・廣田充・上條 隆志:乾燥年に内モンゴル新バルグ右旗におけるStipa krylovii とAllium polyrhizum の個体レベルでの二酸化炭素交換特性
松井美咲・倉本宣:着生シダからみた八丈島の山中と市街地における宿主木と環境について
松倉百花・伊藤哲・平田令子・西脇亜也:宮崎県綾町の里山景観における森林パッチが農地の植物種多様性に及ぼす林縁効果
佐々木菜子・星野義延:伊豆諸島における植物群落の島間比較 ―種組成と群落構成種の生態分布に着目して―
藤原道郎:地域植生の資源化
伴 邦教・知識寛之・家入勝次・佐々木真二郎・信安清則:景観及び生物多様性の保全に配慮した法面緑化の試み~種差海岸インフォメーションセンターにおけるシバの植栽~
高松綾子・澤田佳宏:淡路島南部のかつての製炭集落における昭和中期の森林の利用・管理と植生景観
冨森加耶子・永松 大:果樹の生育地および管理状況のちがいが周辺植生に与える影響
比嘉基紀:四国における森林植生の分布
星野義延:北海道東部のミズナラ林の30年間の種組成の変化
坂本圭児・友成美咲・赤路康朗・Ariya, Uyanga・音田髙志・廣部 宗・Nachin Baatarbileg:モンゴル国北方林における違法伐採を伴う山火事後の更新過程
清永丈太:歴史時代の中部日本における代償植生としてのアカマツ林及びコナラ林の規模に関する花粉学的考察
川口千尋・伊藤哲・平田令子:南九州の老齢スギ人工林内におけるギャップ形成が下層植生に及ぼす長期的効果 ― 異なるギャップサイズでの比較 ―
Li Hao・上條隆志:Natural Regeneration Pattern of Japanese Larch in Mt. Yatsugatake
吉川正人・吉野愛美・福嶋司・奈良遙:シカ生息密度の増減にともなう湿原-森林移行部の植生の経年変化
梅原 洋貴・星野 義延:繁殖期の森林性スズメ目鳥類による樹林化の進行した多摩川河川敷での植生利用
加藤大貴・小池伸介 :種子散布環境の質からみた最適な鳥類種子散布者の検討
成ヶ沢久仁子・染矢貴・塚本吉雄・阿部愼太郎・廣澤一・赤羽俊亮:環境省1/25,000植生図等における特定植物群落の確認状況

第20回(2015年)高知大会 口頭発表

小川滋之・水野大樹・百原新・加藤顕:ニュージーランド,クライストチャーチ近郊の河川にみられるハリエニシダ島状群落の形成過程
水野大樹・小川滋之・百原新・加藤顕:ニュージーランド,クライストチャーチ近郊の河川に形成された島状植物群落の構造と種組成
崎尾均・松澤可奈子・川西基博・中野陽介:山地河畔林におけるヤナギ類の更新機構-実生更新か萌芽更新か?-
池田茂・對馬育夫・片桐浩司・大石哲也・萱場祐一:遺伝解析を用いたヤナギ類の河道掘削箇所への侵入・定着機構について
片桐浩司・傳田正利・萱場祐一:千曲川における氾濫原植生の分布と種組成の変遷
野嵜玲児・澁谷理沙・二葉清香・前田有香子:アベマキの自然生育立地に関する研究(予報)
八木正徳・星野義延・吉川正人:武蔵野台地上のコナラ二次林の林床でアズマネザサが繁茂するまでのプロセス
酒井敦:土中に10年間埋めた樹木種子の生存率
中西正・川角法子:愛知県の泥炭湿地,長ノ山湿原の植生と40年間の変化
加藤 ゆき恵・持田誠・石川孝織:閉山後40年を経た北海道東部の炭鉱集落の植生
橋本佳延・武田義明:再度山永久植生保存区における40年間の植生の変化
上條隆志・門倉由季・守容平・田村憲司・廣田充・山路恵子:三宅島2000年噴火跡地における遷移初期植物が生態系の初期発達に与える効果
村上雄秀・西川博章・勝山輝男:伊豆諸島神津島の植生類型について
森定 伸:島根県隠岐諸島の植生-環境省第6・7回植生図を用いた解析-
原慶太郎・原田一平・富田瑞樹・朴鐘杰・長谷川大輔・浅沼市男・原正利・平吹喜彦・藤原道郎:衛星リモートセンシングデータを用いた広域スケール植生図化手法の開発
小川みどり・森定 伸・波田善夫:中国・四国地方の森林植生-環境省第6・7回植生図を用いた縦断解析-
鈴木伸一・片野光一・吉井広始・大森威宏:群馬県内におけるニホンジカによる植生攪乱状況について
川瀨彩・持田幸良:ニホンジカの不嗜好性樹種の樹木剥皮と立地環境
藤原一繪・原田敦子:アジアのブナ林とナラ林の群落システム
設樂拓人・中村幸人:本州中部地域に成立する内陸性気候下の森林植生
HAO Li・川田清和・大橋春香・上條隆志・Undarmaa Jamsran:モンゴル国テレルジ国立公園における草原に隣接するシベリアカラマツ林の動態
大渕香菜子・中村幸人:伊豆天城山夏緑広葉樹林におけるヒメシャラとヒコサンヒメシャラの同所的共存機構
吉田 圭一郎:利尻岳における森林植生の垂直分布と地形との対応
田中崇行・佐藤利幸:標高に沿ったシダ植物の分類学的・系統的・機能的多様性
前迫ゆり・森川顕次・能瀬俊一・山田佳実・濱田凌・森田哲朗:春日山照葉樹林におけるブナ科樹木の分布と構造
杉田久志・酒井 敦・比嘉基紀・越智水星・清水長正:石鎚山のシラベ林の林分構造と動態
増井太樹・津田智・森林塾青水:群馬県みなかみ地域におけるミズナラ林伐採後の草原性植物の動態
内田圭・小柳知代・松村俊和・小山明日香:畦畔草地における,土地利用の変化が引き起こす植物多様性の変化-種組成は均質化しているのか-
西脇亜也:都井岬草原における外来牧草の侵略性に及ぼす匍匐性の在来種の影響
吉川正人:都市域において在来植物相を維持するために重要な植物群落は何か?
亀井裕幸:自然教育園におけるシュロ個体群の個体群構造の経年変化とその特徴
楠瀬雄三・石川愼吾:高知市種崎海岸における海浜の樹林化
平吹喜彦・岡浩平・菅野洋・南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングネットワーク・北の里浜 花のかけはしネットワーク・緑を守り育てる宮城県連絡会議:仙台湾南部海岸の復興工事エリアにおける在来砂浜植物の生育状況と生態緑化活動

第20回(2015年)高知大会 ポスター発表

香川秋沙・星野義延:浴用植物データベースの作成と活用
根本利起哉・西尾孝佳:路傍雑草群落の集合パターンと市街化の関係
徳岡良則・橋越清一:愛媛県南予地方の田植え前の田面に成立した植物群落の特徴
齊藤佳緒里・根本利起哉・鴫原佳奈・森孝弘・西尾孝佳:休耕地植生の季節変動と除草時期の関係
高橋瑛乃・比嘉基紀・石川愼吾:高知県中部に残存する小規模草地の植生と植物相
川西基博:奄美大島における河畔植生の種組成と種多様性
西平貴一・澤田みつ子・鈴木康平・小幡和男・上條隆志:茨城県菅生沼における湿地性絶滅危惧植物種と地下水位の関係
星野義延・深町篤子:ハリエンジュ幼木の巻き枯らし試験
和田美貴代:多摩川中流域における樹林の分布と流路変遷との関係
篠原千佳・伊藤哲・平田令子・光田靖・清水收:暖温帯山地河畔林における林縁および河川撹乱が落葉広葉樹の成立に与える影響
李昇京・吉川正人・星野義延:狭山丘陵の東京都水源林における二次林植生の管理停止後約40年間の遷移
田中伸悟・星野義延:保全を目的とした管理が都市近郊のコナラ二次林に与える影響
永松大・藤田充:鳥取県千代川上流部における人工林の健全性評価
川口千尋・伊藤哲・平田令子・山川博美:南九州の老齢スギ人工林の林分構造―種組成とサイズ分布―
西尾孝佳・森孝弘:温帯性木本ツルの樹冠形成と下層植生の関係
松本薫・倉本宣:50年生程度のコナラにおける萌芽の制限要因
佐々木菜子・星野義延:コナラ二次林における異なる植生タイプ間の部分的菌従属栄養植物の繁殖特性の比較
西村萌・肥後睦輝:動物による土壌攪乱が湧水湿地の植生に及ぼす影響
辻秀之・赤松弘治・岩崎良・織田一也・服部保:ニホンジカ採食植物の不嗜好性に関する植栽試験
川嶋淳史・永松大:森林群集の更新におよぼす二ホンジカの影響
深町篤子・星野義延・吉田智弘・渡辺直明:渡良瀬川上流域におけるシカ柵設置後の初期の植生変化
寺山佳奈・金城芳典・加藤元海:高知県中土佐町の植生とニホンザルの関係
富田瑞樹・菅野洋・平吹喜彦・原慶太郎:津波浸水域における残存林の履歴と木本種組成
澤田佳宏:淡路島吹上浜における重機による植生破壊後4年間の植生モニタリング
島田直明・船場優希:岩手県野田村十府ヶ浦における震災復旧工事に伴う海浜性植物の保全活動
鐵慎太朗・黒田有寿茂・石田弘明:京都府丹後砂丘における絶滅危惧種トウテイランの生育立地
中軽米聖花・竹原明秀・大上幹彦:三陸海岸における礫浜に隣接する斜面下部の津波後の植生
岩里実季・永松大:鳥取砂丘の植物相と分布の特徴
胡暁星・鳥云娜・上條隆志・廣田充・西村貴皓・李敏・上條隆志:内モンゴル右旗におけるStipa krylovii とAllium polyrhizumの個体レベルでの炭素吸収特性
目黒伸一:旧熱帯区赤道直下における山地林の組成と温度条件
Hung khui Shein・Takashi Kamijo・Kenji Tamura・Aung Myat San・Tin Maung Oo:Comparison of Forest Structure Between Natural and Secondary Forests in Tropical Seasonal Forest in Mt. Popa Myanmar
山川博美・安部哲人・野宮治人・重永英年・金谷整一・荒木眞岳・香山雅純:霧島山系の高千穂河原周辺における新燃岳噴火後5年間の林分構造の変化
石田弘明・矢倉資喜・黒田有寿茂・岩切康二:口永良部島に分布する照葉樹林の種組成および種多様性
久保田七海・染矢貴・成ヶ澤久仁子:慶良間諸島現存植生
藤原道郎・伊藤休一・原田一平・原慶太郎・富田瑞樹:広域植生図における詳細植生図の情報(仮題)
成ヶ沢久仁子・原田敦子・馬淵亮・前川恵美子:山岳地既存調査地点データベースの整理

第19回(2014年)仙台大会 口頭発表

原慶太郎・原田一平・富田瑞樹・朴鐘杰・浅沼市男・原正利・平吹喜彦・藤原道郎:衛星リモートセンシングデータを用いた広域スケール植生図化手法の開発(予報)
田中崇行・佐藤利幸:シダ植物の標高に沿った種多様性のメタ解析
森優美・田村憲司・上條隆志:伊豆諸島御蔵島の自然植生の垂直分布と土壌の断面形態
田中徳久:伊豆半島東海岸の海岸植物群落
深町篤子・星野義延:東日本山地渓畔林の植生地理学的研究
大渕香菜子・武生雅明・中村幸人:伊豆天城山におけるヒメシャラとヒコサンヒメシャラの同所的共存機構
設楽拓人・中村幸人・武生雅明:ブナ林の発達が悪い本州中部内陸地域における冷温帯夏緑広葉樹林の種組成と分布
大西史豊・養父志乃夫:マツ枯れ後,天然下種により発生したアカマツ実生
吉川正人・中村徹:武蔵野台地の長期未利用地に成立した落葉広葉樹林の特徴
李昇京・吉川正人・尹鐘学:韓国マウルの二次林に関する研究
沖津進:南米ボリビアアルティプラーノの土地利用と生態地理景観
川田清和・大橋春香・HaoLI・Sumya OYUNSUVD・Jamsran UNDARMAA・上條隆志・田村憲司:モンゴルの森林-草原境界部における群落組成の変化パターン
目黒伸一:東アフリカと東南アジアの山地林の植生比較
桑原佳子・足立高行:大分川河川敷ヤナギ林の動態 20年間のまとめ
中西正・浜島繁隆・川角法子・大川徹:国指定天然記念物小堤西池のカキツバタ群落30年間の動態-永久枠の観察-
富樫晃一・冨士田裕子:国指定天然記念物「女満別湿生植物群落」における地下水位の変動
イアヨン・冨士田裕子:静狩湿原における池塘植生の変遷と排水路の関係
佐藤雅俊:釧路湿原周縁にみられる湧水辺植生
下田路子・芹澤卯享・前澤瑞城・永田舞・加須屋真・伊東巧:静岡県浮島ヶ原における絶滅危惧植物サワトラノオの生育環境と生育の状況
若山正隆・古橋光弘・佐藤正人・山口綾子・中村純子・大澤元・横尾柾子・西ノ原章浩・高橋勝緒・高橋絹世・太田和夫:さいたま市荒川河川敷のハンノキを中心とした河畔林における春植物の分布解析
片桐浩司・大寄真弓・萱場祐一:湖沼周辺の水路における水生植物群落の保全について
上村晋平:住宅団地が都市における草原生植物の保全に果たす役割
前迫ゆり:春日山照葉樹林におけるシカ柵内の植生変化と林冠条件
比嘉基紀・川西基博・久保満佐子・大橋春香・崎尾均:ニホンジカの食害が樹木の枯死率と森林の動態に及ぼす影響
村上雄秀・目黒伸一・林寿則・矢ヶ崎朋樹・佐々木寧・島田直明・鈴木康平:東日本大震災被災地の海岸自然林について
平吹喜彦・富田瑞樹・原慶太郎:仙台湾/砂浜海岸エコトーンで進む海岸林復興活動に対する生態学的疑問
古野佑果・比嘉基紀・石川愼吾:高知県四万十川における自然再生事業「アユの瀬づくり」と菜の花祭りの共存を考える

第19回(2014年)仙台大会 ポスター発表

若松伸彦・柏倉美沙・武生雅明・中村幸人:長野県上高地梓川氾濫原における林床植生の植生と分布
高瀬藍:北アルプス雲ノ平における高山植生の分布と攪乱との応答
船本麻奈未:浮島湿原の植物相及び植生の現状把握
指村奈穂子・大谷雅人・古本良・横川昌史・澤田佳宏 :新潟県における海岸の希少植物バシクルモンの分布・個体群構造と植生の関係
藤原道郎・伊藤休一:変化の著しい隣接群落境界に関する研究
澤田佳宏・指村奈穂子・池田明彦・大谷雅人・須貝杏子・内貴章世・中山博子・古本良・横川昌史:希少樹種クロボウモドキ(バンレイシ科)の生育立地と植生
渡邊己治子・肥後睦輝:湧水湿地における微生育立地の多様性が植生構造に及ぼす影響
須貝凌・中田誠:新潟大学佐渡演習林に自生するモウセンゴケの個体群維持要因
水野大樹:ミツデウラボシの葉形態と胞子嚢群形成率の関係
戎谷遵・岡浩平:香川県有明浜における絶滅危惧種ハマウツボが寄生したカワラヨモギの生育特性
村上知帆・星野義延・吉川正人・崎尾萌:東京都府中市における希少植物の保全に重要な地域の環境特性
島田直明・川西基博・早坂大亮:岩手県の砂浜ごとの種組成の相違は何によってもたらされているか?
久保田七海・染矢貴・浅井樹・篠原光礎:伊豆諸島大島および三宅島の噴火後の植生
菊池輝海・上條隆志・小川泰浩・岡部宏秋・石森良房:火山性荒廃地における東京クレセントロール工法の治山緑化機能の評価
山川博美・安部哲人・野宮治人・南谷忠志:霧島山系における約30年間の植生変化(予報)
嵜元道徳・藤井弘明・細見純嗣・柳本順・伊藤雅敏・太田健一・淺野善和・大橋健太・岡部芳彦:多雪地・天然林の斜面地形上におけるスギの種子散布と実生の消長
臼田麻純:放棄された落葉広葉樹二次林の成立過程
藤彦祐貴・中田誠:佐渡棚田跡地の埋土種子の組成と棚田ビオトープ の植生の比較
川西基博・山本宗立・西村知:ミクロネシア連邦ピンゲラップ島における居住地域の植生景観と有用植物の多様性
西尾孝佳・栗原由依加:住宅地域における路傍雑草の出現とガーデニングの関係
佐藤佑樹:富士山南麓におけるスズタケの衰退に伴う林床植生
永松大:東中国山地のいくつかの希少植物へのシカの影響
寺澤弘陽・磯田真紀・染矢貴・壱岐信二・市橋理・塚本吉雄・佐藤直人・木村元・阿部槇太郎・中山隆治:東日本大震災の津波による植生への影響
富田瑞樹・菅野洋・平吹喜彦・原慶太郎:津波後に残存した森林の分布と木本種組成
木村絵里・星野義延・大橋春香:福島県中通り地域における景観構造の把握と山菜種の分布予測
星野義延・星野順子・深町篤子:津波被害を受けた市街地跡に成立した湿地植生
小山千穂・鮎川恵理:三陸海岸最北部の海崖植生の津波から4年目の状況
竹原明秀・高橋和那・千葉麻里奈・佐々木裕子・大上幹彦:岩手県沿岸の植生-大津波の影響による変化(4)

第18回(2013年)仙台大会 口頭発表

大山弘子・杉山廣雄・菅野洋:北上山地北部域におけるミズナラとコナラの分布について
麻生泉・菅沼孝之・名迫素代・小野由紀子・石山麻子・森田哲朗:大台ヶ原に生育するヒノキ自然林について
鈴木康平 ・Abdisalam Jalaldin ・Nurbay Abdusalik・ Tsagaanbandi Tsendeekhuu ・Amartuvshin Narantsetsegiin ・上條隆志 ・津山幾太郎 ・中村徹:ユーラシアステップにおける植物社会学的研究―新疆ウイグルからモンゴル東部を対象として―
南野拓也・石井弘明:ヤクスギ老齢木に着生する木本植物群落
イアヨン・冨士田裕子:元国指定天然記念物静狩湿原のフロラ変化
富樫晃一・冨士田裕子:国指定天然記念物「女満別湿生植物群落」における湿生林の遷移及び更新
佐藤雅俊・冨士田裕子・橘ヒサ子:釧路湿原の植物群落
三上光一・楠本良延・山本勝利:利根川流域の不作付水田における10年間の植生変化
蛭間啓・野口の森里山づくりの会:長野県飯島町の放置雑木林における管理再開後3年間の植生変化
中田誠・岩井彩佳:新潟市の海岸クロマツ林における10年間での植生遷移と土壌の変化
若山正隆・古橋光宏・佐藤正人・山口綾子・中村純子・大澤元・横尾柾子・西ノ原章浩・高橋勝緒・高橋絹世・太田和夫:さいたま市荒川河川敷のハンノキを中心とした河畔林の成立と遷移
前迫ゆり・鈴木亮:不嗜好植物クリンソウとミヤコアオイに対するシカの採食影響と可塑性
大橋春香・星野義延:ニホンジカの高密度化は植物群落の集合パターンに影響を及ぼすか?
池田浩明:割らなきゃならない「被度」の統計的扱いについて
平吹喜彦・菅野洋・杉山多喜子・富田瑞樹・原慶太郎:仙台湾の砂浜海岸を覆う海岸林盛土とわずかな残存立地間の植生比較
村上雄秀・目黒伸一・林寿則・矢ヶ崎朋樹・島田直明・佐々木寧・鈴木康平:東日本大震災による津波被災地の沿岸部植生の状況
長島康雄・攝待尚子:仙台湾域老齢防潮林の2002年から2010年までの8年間の動態
吉川正人・鐵慎太朗・鮎川恵理:三陸海岸北部の小規模湿地の植生
守容平・上條隆志・橋本啓史:三宅島2000年噴火跡地におけるイズアオドウガネの遷移初期植物に対する影響とその嗜好性
門倉由季・上條隆志・橋本啓史・金子信博:三宅島火山灰堆積地における中大型ミミズの分布と安定同位体分析による餌資源の推定
広木詔三:愛知県豊田市小原の黒雲母花崗岩地域におけるフモトミズナラとアベマキの実生生残特性の違い
水野大樹・竹崎大悟・百原新・沖津進:着生シダ植物の定着に蘚苔類群落が与える影響
松村俊和・橋本佳延・澤田佳宏:歴史の長いゴルフ場に残存する草原生植物
持田誠:国道38号線滝川~釧路間の路面間隙における夏季の雑草植生
川田清和・黒川巧・角田圭佑・Tsagaanbandi Tsendeekhuu・中村徹:モンゴル中西部に分布するステップの群落構造
原正利・大久保達弘・Rantai Jawa・Paul Chai:マレーシア・サラワク州におけるブナ科植物の垂直分布-特に低海抜地における種の多様性について-
沖津進:エストニアの森林植生地理

第18回(2013年)仙台大会 ポスター発表

川西基博・日高未央・島田直明・早坂大亮:東日本大震災の津波被害を受けた岩手県の砂浜における埋土種子と漂着種子
竹原明秀・高橋和那・田島由・大上幹彦:岩手県沿岸の植生-大津波の影響による変化(2)
佐藤直人・馬淵亮・中山隆治・寺澤弘陽・磯田真紀・染矢貴・壱岐信二・市橋理・塚本吉雄:東日本大震災の津波による植生への影響-津波浸水域全体における植生改変図の作成-
西村愛子・浅井元朗・渡邊寛明:宮城県津波被災農地における植生回復状況について
島田直明・昆野紘士・川西基博・早坂大亮:植物相から見た岩手県の保全すべき砂浜-東日本大震災からの海浜性種の保全を目指して
石田弘明:兵庫県北部の森林伐採地に分布する外来木本ニワウルシ群落の構造と種組成
本川悠平・川西基博:大隅半島における照葉原生林の種組成と生活型
牧口陽介・星野義延:伊豆諸島神津島・新島のリョウブ低木林の種組成の特徴
佐々木祥世・並川寛司・北村系子・松井哲哉:島嶼におけるブナの北限、北海道奥尻島のブナ林の種組成と林分構造
木下秋・赤路康朗・牧本卓史・宮崎祐子・廣部宗・水永博己・坂本圭児・山本進一:ブナ-ホオノキ混交林におけるブナ下層木個体群の動態
坂尾千恵・永松大・藤木亀吉:米子市の成熟した照葉樹林で2011年年始に発生した冠雪被害の特徴
清水寧久・永松大:山陰東部におけるブナ帯要素の山地間比較
新美恵理子・冨士田裕子・小林春毅:湿地植物データベースを用いた北海道の湿地における植物の分布特性
森定伸・小川みどり・波田善夫:香川県の植生 -環境省第6・7回植生図を用いた行政単位別の植生解析の試み-
馬淵亮・河野円樹・成ヶ沢久仁子・浅井樹・塚本吉雄・清水英彦:山岳地における縮尺1/25,000の植生図化手法の検討
前田海門・上條隆志:伊豆諸島新島における落葉広葉二次林の更新過程と現状
徳岡良則・橋越清一:愛媛県由良半島における戦後の土地利用変化と放棄段畑植生の群落構造
藤原雄介・澤田佳宏・山本聡・大藪崇司・藤原道郎:淡路島における放棄ジュルタ(湿田)の植生と人との関わり
宮島伸子・川西基博・崎尾均:佐渡島における林間放牧が植生に与えた影響
菊池輝海・松岡憲知・上條隆志・廣田充:火山性荒廃地においてリル地形形成は植生回復に貢献しうるか?
増田知美・星野義延・吉川正人:多摩川中流部の植物群落の分布に及ぼす人工構造物の影響
指村菜穂子・大谷雅人・古本良・横川昌史・澤田佳宏:海岸の希少種バシクルモンの新潟県における生育地の植生
藤平真理子・阿部淳一ピーター・上條隆志:筑波研究学園都市におけるキンラン属3種の生育環境と外生菌根性樹木との関係
小川滋之:沖縄島におけるセイロンベンケイ生育地の特徴
二神良太・岡浩平:河口砂州における海浜植物ハマゴウの定着と分布拡大
大曽根陽子・菊地賢・河原崎里子:ヒメサユリ(Lilium rubellum)自生地の種組成および植生構造
星野義延・大橋春香・星野順子・藤田卓:ニホンジカが伊豆半島の植生に与える影響
西尾孝佳・栗原由依加:ガーデニング植物の逸出と受容植生構造の関係
胡暁星・上條隆志・烏云娜:内モンゴル右旗における放牧圧と草原植生の関係
宇田川卓義・永松大・伊藤健彦・今井俊輔:モンゴルの乾燥草原における植生分布とネギ属2種の個体形質
Shinchilelt・Takashi Kanda・Hideshi Fujiwara・ Wuyunna・Kenji Tamura・Takashi Kamijo・Toru Nakamura:Effects of soil erosion rates on vegetation and soli physicochemical properties in a crop abandonment steppe of Inner Mongolia
早坂大亮・鈴木一隆・是永知子・諸岡(齋藤)歩希・野村拓志・深澤圭太・五箇公一:浸透移行性殺虫剤がトンボ類幼虫の群集構造に及ぼす生態影響

第17回(2012年)松戸大会 口頭発表

後藤稔治・田中俊弘・酒井英二・川村智子:乗鞍岳における風衝地ハイマツ群落の更新
沖津進・百原新:北海道北西部および本州日本海側の垂直分布の推移
小島覚:カナダ高緯度北極域の植物社会学的特性
田中徳久:北極圏Abiskoの植生景観の一端
村上雄秀・西川博章・佐々木寧:琵琶湖湖岸植生の類型とその特性
大野啓一:伊豆天城山系北麓の菅引川源流域のケヤキ林
若山正隆・古橋光弘・佐藤正人・大澤元・中村純子・山口綾子・西ノ原章浩・高橋勝緒・高橋絹世・太田和夫:さいたま市荒川河川敷のハンノキを中心とした河畔林における成立年代別の遷移過程
永松大・濱木涼子:鳥取県三徳山周辺における森林帯の垂直分布と人為的かく乱
則行雅臣・森定伸・佐藤克則・中尾茂樹・西本孝・永松大・波田善夫:中国山地のたたら製鉄地域における地域植生図の作成-クラス域境界の検討について-
三上光一・楠本良延・山本勝利:書籍総合目録データベースを基にした植生調査資料目録
亀井裕幸:関東地方およびその周辺地域から見出された生態種群の特徴
池田浩明:長期耕作放棄地におけるセイタカアワダチソウの個体群動態
津田智:軽井沢三ツ石地区における風倒跡地の草原再生実験
山ノ内崇志・石川愼吾:高知県中部にみられるナガエミクリ群落にとっての湧水環境の意義
山本和彦:須賀利大池(三重県尾鷲市)におけるシカ食害にともなうハマナツメ群落の衰退
飯島友:海洋島において地域外来種リュウキュウマツの生育が示すこと
小林悟志・北本朝展:気象データと植生からみた奄美豪雨による森林の土砂崩れ
服部保・南山典子・黒田有寿茂・橋本佳延・石田弘明:南西諸島の照葉樹林の植物相と種多様性
桑原佳子・足立高行・播磨さおり:くじゅう火山群坊ガツルにおける最近6年間の植生推移
上條隆志・東亮太・久保栄子・藤井美央・黛絵美:火山植生遷移における先駆植物種の侵入が種多様性と生態系の機能発達に与える効果
鷹野綾・田村憲司・川越みなみ・上條隆志:火山灰堆積地における植生の変化と初期土壌生成
鈴木康平・Tsagaanbandi Tsendeekhuu・Amartuvshin Narantsetsegiin・上條隆志・中村徹:モンゴル西部における典型ステップの植物社会学的検討
原賢太郎・小野寺弘道:東北地方の地すベり地に成立する湿地林の構造および動態
比嘉基紀・中尾勝洋・津山幾太郎・松井哲哉・小南裕志・田中信行:広域スケールでのブナの更新に適した気候環境および過去400年間の更新機会の推定
吉倉智子・渡邉真澄・安井さち子・上條隆志・福井大:奥田光の冷温帯林における森林棲コウモリ3種のねぐら木の特性
水野大樹・竹崎大悟・百原新・沖津進:樹種の違いおよび樹幹に着生する蘚苔類群落がノキシノブの定着に与える影響
竹崎大悟・石井弘明・沖津進:屋久杉に着生する蘚苔類の垂直分布
鳥居太良・冨士田裕子:北海道の砂質海岸における植生構造と植物地理
島田直明・昆野紘士・早坂大亮・川西基博:東日本大震災津波が岩手県の海岸砂丘と海浜植生にもたらしたもの
早坂大亮・島田直明・川西基博:2011東北沖津波による海岸砂丘植生への生態影響評価
久保翔太・玉川翔也・荒木田基一・伊藤大樹・小山千穂・鮎川恵理:東北地方太平洋沖地震に伴う大津波による三陸海岸最北部の海崖地植生の変化
平吹喜彦・菅野洋・富田瑞樹・杉山多喜子・原慶太郎:南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングサイトにおける植生と立地の攪乱・自律的再生状況
富田瑞樹・平吹喜彦・菅野洋・原慶太郎:仙台平野沿岸部における海岸林に巨大津波が与えた影響-南蒲生モニタリングサイトの事例-
長島康雄・攝待尚子:仙台湾岸の樹木が受けた東日本大震災による津波被害-樹型に着目した評価を中心に-
浜田拓・根本秀一・阿部このみ・藤原かおり:福島県磐城海岸の砂丘植生-津波影響後の現状-
原慶太郎・趙憶・富田瑞樹・鎌形哲稔・赤松幸生・平吹喜彦:航空機及び衛星リモートセンシングによる津波被災地の植生モニタリング
原正利:植生学会震災復興プロジェクトチームの活動について

第17回(2012年)松戸大会 ポスター発表

楠本良延・三上光一・細木大輔・山本勝利:水田生態系におけるランドスケープ構造に応じた種多様性評価
内藤麻子:和歌山県地理情報システムを用いた植物群落に関する地理空間情報の庁内共有
中尾勝洋:九州地方における希少種のホットスポットはどこか?ニッチベース分布予測モデルによる推定
森定伸・天野裕平・則行雅臣・中尾茂樹・西本孝・永松大・波田善夫:地域植生図作成における組成調査データの活用
田中崇行・佐藤利幸:日本中部地方のエコトーンにおけるシダ植物種構成パターン
徳岡良則・細木大輔:関東東部畑地域における農地境界樹の空間分布とその伝統的管理
並川寛司・舟根香織:札幌市南東部における孤立林の種多様性および植物相と林分属性との間の関係について
木下秋・赤路康朗・牧本卓史・宮崎祐子・廣部宗・水永博己・坂本圭児・山本進一:氷ノ山後山那岐山国定公園内のブナ天然林における19年間の林分動態
清水寧久・神崎敦・永松大:ブナ科樹木3種の開花量と結実量の差異
山下寿之:縄ヶ池の植生
牧玲佳・島野光司:長野県入笠湿原における出現種と地下水位・光環境との関係
市川沙央里・鈴木康平・永田翔・田中法生・上條隆志・中村徹:野生絶滅種コシガヤホシクサの野生復帰予定地における生育状況
冨士田裕子・李娥英:池塘の植生変化から見る静狩湿原の変遷
村松弘規・冨士田裕子:エゾシカの採食と踏みつけによる釧路湿原高層湿原植生の変化
太田謙・波田善夫・堀幸弘・清水信夫:岡山県旭川の河原における竹類の根茎と土壌粒径組成の関係
西熱甫江買買提・星野義延:多摩川におけるハリエンジュの開花・結実と訪花昆虫
吉川正人・RiccardoGuarino ・SandroPignatti:イタリア半島南部およびシチリア島の礫床河川植生
伊藤彩乃・河上友宏・百原新・三島孔明:関東地方のサイカチの生育環境によって異なる更新様式
岡本祐典・田村憲司・上條隆志:三宅島1983年噴火堆積地における2000年噴火火山灰が立地に及ぼした影響と植生の関係
黛絵美・上條隆志・藤井美央:三宅島2000年噴火被害林における樹木の萌芽再生様式の樹種間比較
宇田川卓義・永松大・程云湘・坪充:モンゴルの乾燥草原におけるネギ属植物の分布と環境傾度

第16回(2011年)神戸大会 口頭発表

村松弘規・冨士田裕子・高田雅之:釧路湿原低層湿原植生にエゾシカが与えている影響
加藤ゆき恵・冨士田裕子:北海道及び国後島における遺存種ムセンスゲの生育環境と植物地理
石田祐子・坂本拓也・佐々木秀義・武生雅明・中村幸人:北アルプス後立山連峰における雪田型植生の組成と立地
水野大樹・竹崎大悟・百原新・沖津進:乾燥した崖地に生育するミツデウラボシの発生初期段階の定着及び生育における蘚苔類群落の役割
深町篤子・星野義延:渡良瀬川流域におけるネコノメソウ属 5 種の分布特性
斎藤達也:外来植物オオアワダチソウの除去に対する河川敷植生の応答
赤松弘治・浅見佳世・菅村定昌:円山川水系におけるカワラハハコ群落の 20 年間の動態~コアエリアはどこか~
浅見佳世:カワラハハコ群落の維持機構の解明~大出水時のレフュージアの条件~
中山昭彦・浅見佳世:カワラハハコ群落の成立地で何が起こっているか?~数値シミュレーションによる礫原近傍河川流の再現~
森定伸・榎本敬・角野康郎・國井秀伸・波田善夫:イトクズモ保全ビオトープの 10 年
村上雄秀・西川博章・勝山輝男:水辺環境における希少1年草群落の生存戦略について
池田浩明:準絶滅危惧植物タコノアシの水田における個体群動態に及ぼす耕作と休耕の影響
亀井裕幸:シュロの国内地理分布と温度要因
中西弘樹:男女群島の植生と植物相
沖津進:東北日本亜高山域の植生構造と植生地理
原正利・大久保達弘・Rantai Jawa・Paul Chai:マレーシアサラワク州の熱帯山地林におけるブナ科植物の垂直分布と植生(予報)
小川滋之:秩父山地においてオノオレカンバ林が形成される立地環境
小澤有司:ヤマグルマの立地分布
大橋春香・ 星野義延・桑原考史・加藤恵理・大橋未紀・柏木優・弘重穣・村瀬香・齊藤正恵・堀江玲子・角田裕志・石井遥香・野場啓・小池伸介・福田恵・土屋俊幸・戸田浩人・梶光一:栃木県佐野市における耕作放棄地植生の空間分布と発生要因~イノシシによる農業被害との関係~
藤原千鶴・田村和也・辻秀之・服部保:尼崎の森中央緑地における森づくりの現状と種多様性
近藤一樹・福嶋司・伴武彦:都市造成緑地の自然林化に関する考察~種組成と構造から見た現状と将来予測~
小沢友里・福嶋司:樹木の防火力を活かした火災に強いまちづくりの提案
飯島友:海洋島における外来種リュウキュウマツの動態と生育環境
鈴木康平・Abdisalam Jalaldin・Nurbay Abdusalik・Tsagaanbandi Tsendeekhuu・上條隆志・中村徹:ユーラシアステップ中央部における植物社会学的研究
川田清和・ 杉山沙織・Abderrazak SMAOUI・礒田博子・中村徹:アトラス山脈東部に分布する Quercus 林の種組成
前迫ゆり:琵琶湖のタブノキ林におけるカワウによる植生攪乱
橋本佳延・栃本大介・黒田有寿茂・田村和也・福井聡:シカの喫食によるススキ草原の種多様性への影響-シカ高密度生息地域兵庫県神河町砥峰高原の事例
渡邉祐喜・島野光司:植生管理がチョウに与える影響
小林悟志・南佳孝・島谷健一郎:岩手県大槌町の震災津波による塩害および二次災害で起こった森林の現状
中西正:伊勢湾台風の被害と回復・半世紀後の状況
服部保・南山典子・岩切康二・栃本大介・福井聡・澤田佳宏:桜島溶岩地帯の植生遷移
永松大・清水美佳:管理状況の異なる海岸砂丘における植生構造の比較

第16回(2011年)神戸大会 ポスター発表

岩崎慶太:太平洋岸照葉樹林限界域における二次林の組成と構造について
塩谷智也・武田義明:滋賀県近江八幡におけるナラ枯れがコナラ林の種組成と種多様性に与える影響
西尾孝佳:温帯性木本ツルの生息地及び宿主の選択性
栃本大介・服部保・内田圭:六甲山地に残存する照葉樹林における維管束着生植物の分布と種多様性
岡田彩・福嶋司:伐採圧の違いが樹木動態に与える影響について~群馬県玉原高原ブナ林における追跡調査から~
山ノ内崇志・石川愼吾:小河川において水生植物群落はどのような動態を示すか?
若山正隆・古橋光弘・山口綾子・西ノ原章浩・関口春男・今井利和・中村純子・大澤元・高橋絹世・高橋勝緒・横尾柾子・久保雅春・猪越みさき・太田和夫:さいたま市荒川河川敷の河畔林における植生および春植物の分布の変化
秋葉知律・福嶋司・井上香世子・ 吉田青子:群馬県玉原湿原の種組成と群落分布の20年間の変化
小舘誓治・武田義明:アカマツ二次林小面積伐採後初期におけるアカマツの成長と立地環境
坂本圭児・原田実穂・廣部宗・山中典和:大山ブナ二次林におけるチマキザサの稈の空間分布特性
山下綾香・川田清和・中村徹・Tsagaanbandi Tsendeekhuu:種組成と地上部現存量によるモンゴル国西部草原 の群落特性の評価
楠本良延・三上光一・山本勝利:農業活動により維持されている二次草地の評価と指標植物
西脇亜也・桑原翔太郎・茨木靖:日本におけるススキ属植物の生育立地について
古田観佳子・橋本恵・石川愼吾:高知県物部川の砂礫堆における樹林化と立地環境の関連性
竹原明秀・木村勝彦・長橋良隆・樫村利道:会津駒ヶ岳・田代山の山頂湿原の堆積物と湿原植生
舟木匡志・澤田佳宏・山本聡・藤原道郎・大藪崇司:放棄ため池の水位変動と植生・生物相の関係
中島有美子・吉﨑真司:愛知県渥美半島堀切海岸における広葉樹海岸防災林の種組成および群落構造
鳥居太良・冨士田裕子・藤村善安:サロベツ海岸における地形と植生の関係
中泉尭・上條隆志:福島県湯ノ岳のスギ・ヒノキ人工林における間伐・未間伐区間の下層植生の比較
安田整樹・平田令子・伊藤哲・川西基博:宮崎県南部の針葉樹人工林におけるクマガイソウの分布と物理環境および植生の関係
嵜元道徳・藤井弘明・長谷川孝・上西久哉・平井岳志・細見純嗣・中川智之・太田健一・松場輝信:紀伊半島の天然林におけるモミの種子散布と実生 の発生・生残
野嵜玲児・長田薫・川畑麻奈美:神戸女学院岡田山キャンパスにおけるクロガネモチの個体群生態的研究 -雌雄性に着目して-
楠瀬雄三・村上健太郎・石川愼吾:絶滅危惧種ハマビシの生育環境
有馬智子・上條隆志:東京湾岸におけるカワウのコロニー形成が植生に与える影響
林勇希・上野裕介・上條隆志:伊豆諸島御蔵島におけるオオミズナギドリの営巣が森林植生へ与える影響
森田哲朗・名波哲・神崎護・前迫ゆり:春日山照葉樹林における外来種の分布と立地環境との関係
石田弘明・山名郁美・小舘誓治・服部保:淡路島の森林伐採跡地に分布する外来木本ナンキンハゼ群落の生態的特性と成因
西熱甫江買買提・星野義延:多摩川におけるハリエンジュの開花結実特性に関する研究
星野義延・井関智裕・梶並純一郎:藁撒き工法におけるドナーサイト適地選定に関する研究
三上光一・楠本良延・山本勝利:RuLISWEB を活用した既存植生調査資料のデータベース化と情報共有
渡邊幹男・畠山義彦・勝村有沙・則竹美帆・竹内花織:ICT を活用した生物多様性調査-GPS 携帯電話を用いたタンポポ前線マップの作成-
西野文貴・中村幸人・武生雅明:山梨県北杜市小淵沢町における植生景観と土地利用の関係
蛭間啓・佐伯いく代:日本海型ブナ林構成種6種の葉緑体 DNA ハプロタイプの地理的変異
植生学会企画委員会:シカ影響アンケート調査(2009-2010)結果-会員が作る植生被害マップ-

第15回(2010年)札幌大会 口頭発表

久保拓士・冨士田裕子:北海道石狩平野美唄湿原における高層湿原植生域とササ侵入地の埋土種子組成
水田裕希・冨士田裕子・藤村善安:サロベツ稚咲内砂丘林帯における湖沼群植生と土地利用との関係
加藤ゆき恵・冨士田裕子:大雪山平ヶ岳南方湿原(パルサ湿原)における遺存種ムセンスゲの生育環境
秋葉知律・福嶋司・井上香世子・吉田青子:玉原湿原における20年間の植生変遷
中西正:蛇紋岩地の湿地植生、愛知県黄柳野湿地
山崎俊哉・安藤義範・梅原徹・丸井英幹:比良八雲ヶ原北部湿原の自然再生2.復元工事から3年間の変遷
西本孝・片岡博行・波田善夫:湿原域の乾燥化と集水域の植生との関係
谷川照樹・坪田博美・向井誠二・黒田有寿茂・豊原源太郎:植生図化による松枯れ林の植物社会学的研究-広島県宮島の過去35年間の例-
石田弘明・服部保・黒田有寿茂・橋本佳延・岩切康二:屋久島低地帯の照葉二次林における種組成・種多様性の特徴とシ力の影響
石川愼吾・中嶋宏心・森本梓紗・坂本彰:四国山地三嶺山域の稜線部におけるミヤマクマザサ群落へのニホンジカの影響と植生変化
前迫ゆり・名波哲・神崎護 :春日山照葉樹林における防鹿柵と外来樹木のクリッピング効果
小林悟志:種子島におけるスダジイ、雑種、ツブラジイの個体群分布の現状
黒田有寿茂・石田弘明・岩切康二・福井聡・服部保:屋久島低地部の照葉樹林とスギ人工林における種組成および種多様性の比較
志田祐一郎・茂野朋昭・河原淳・植村滋:北海道東部,嶮暮帰島の植生と地形・土壌条件との関係
沖津進:北東アジア沿岸,海洋域の植生から見た日本の高山・亜高山の植生地理
則行雅臣・中尾茂樹・森定伸・永松大・西本孝・波田善夫:地域植生図作成における既存GISデータの活用-中国地方北東部の事例-
服部保・南山典子:万葉集の植生学的研究(2)
石田祐子・松江大輔・井上亮平・武生雅明・中村幸人:北アルプス後立山連峰における高山植生の分布と地質との関係
小川滋之:外秩父山地において地すベり地の微地形と表層土壌により規定されるヤエガワカンバ林の分布要因
深町篤子・星野義延:北限シオジ林のネコノメソウ属Chrysosplenium(ユキノシタ科)5種の分布と生育立地
齋藤康宏・富田瑞樹・林紀男・原慶太郎:灌漑用水路を介した特定外来生物ナガエツルノゲイトウの10年間の分布拡大
早坂大亮・内田泰三・宮内大策:日本の路面間隙植生の組成と生態的機能の多様性
持田誠・佐々木美香・加藤ゆき恵・内田暁友:機関車に生えるコケ:鉄道車両の保存と植生
川田清和・ 鈴木康平・菅沼秀樹・Abderrazak Smaoui・礒田博子:チュニジア共和国シャンビ国立公園における植生保護が種組成に及ぼす影響
小島覚:植生の分化成立に及ぼす地質の影響:カナダ、中部ユーコンにおける事例
武田義明・飯島尚子・猿田けい・小舘誓治:神戸市再度山永久植生保存区における植物群落の35年間の変化
助野実樹郎:永久方形区による大雪山・小泉岳における高山植生のモニタリング-2003~2008年の植生変化-
桑原佳子・足立高行・中西茂樹:エコユニット工法施工地における10年目の植生復元状況
池田浩明・石坂眞澄・山中武彦・細木大輔・稲生圭哉・山本勝利:農業水路に分布する水生植物の季節変化に対する空間構造の影響
星野義延:高水敷を切り下げて造成した撹乱頻度の高い礫河原における植生の変化
村上雄秀・西川博章・中村幸人:河辺植生における外来植物群落の位置づけについて
蛭間啓・佐伯いく代:日本海型ブナ林構成種の葉緑体DNAハプロタイプの地理的変異
若松伸彦・竹内英人・加藤崇行・石田祐子・武生雅明・中村幸人:冷温帯下部夏緑広葉樹林における林床植生と微地形の対応
大野啓一:微地形と気候条件に応じた照葉樹林林床のシダ類のリーフサイズ変化

第15回(2010年)札幌大会 ポスター発表

永松大・中嶋幸宏・坂田成孝:現地調査の蓄積による鳥取県の植物分布と環境要因の解析
森定伸・中尾茂樹・則行雅臣・永松大・西本孝・波田善夫:地域植生図作成における組成調査データの活用-大山および中国山地東部の事例-
中尾茂樹・則行雅臣・森定伸・永松大・西本孝・波田善夫:大山および中国山地東部の植生と立地環境
小原由起・星野義延・武生雅明:湿性型ブナ林における林床犠生の22年間の変化
高橋純子・東照雄・田村憲司・上條隆志:東日本におけるブナ林下の土壌
岡田彩・福嶋司:玉原高原におけるブナ林の動態~ブナ実生・稚樹の生存率・成長量からの考察~
富田瑞樹・平吹喜彦・齋藤康宏・原慶太郎:ブナ・イヌブナ共存林分における樹木群集の組成と構造に地形が与える影響
松井哲哉・北村系子・齋藤均・並川寛司・寺津和彦・本間祐希・三好祐司・内田健一・鈴木隆・春木雅寛・紀藤典夫:北海道豊浦町礼文華峠におけるブナ孤立個体群の立地と植生
佐野哲也・小出大:阿武隈高地東部における垂直分布帯構造と冬・春期の温湿度環境について
井上恵理・加藤太陽・富田瑞樹・原慶太郎:千葉県佐倉市畔田谷津における森林群落の種多様性と環境要因の関係
権田亜実・星野義延・八木正徳・篠原正太:武蔵野のコナラ二次林の管理のちがいによる種組成の比較
今博計・菅野正人・真坂一彦・烏田宏行・福地稔・秋本正信・木幡靖夫・八坂通泰・石濱宣夫・蓮井聡・大橋徹也:カラマツ伐採跡地の天然更新に影響する要因
鈴木重雄:滋賀県近江八幡市八幡山における1960年代以降の竹林分布に対する地形の影響
篠原光礎・吉川正人・星野義延:栃木県箒川における群落複合の分布と河川の地形的特性との関係
川西基博:上高地梓川河畔林における林床植物の多様性と氾濫の影響
藤村善安・高田雅之・冨士田裕子:サロベツ湿原における高層湿原植生からササ群落への遷移過程の解析
佐々木裕子・竹原明秀:ススキ草原における火入れ前後の埋土種子群
田中徳久・井上香世子・松江大輔・仙石原湿原保全調査ボランティア:箱根仙石原湿原の火入れ後の植物相と植生の変化
吉川正人・星野義延:失火による延焼が河川高水敷の草原群落の種組成に与えた影響
新谷尚己・田村憲司・上條隆志・東照雄:三宅島2000年噴火火山灰堆積地におけるススキ群落の発達過程と土壌諸性質の変化
大津千晶・星野義延・大橋春香:植物の機能型構成からみた草原植生の約25年間の変化
久保満佐子:山梨県甘利山草原における人為的管理が植生および開花数に与える影響
高島基郎・澤田佳宏・藤原道郎・山本聡・大薮崇司:墓地が半自然草原の生物多様性保全に果たす役割
米原幸子・永松大:造成地において放置年数と土壌の状態が雑草群落の遷移に及ぼす影響
近藤一樹・福嶋司・伴武彦:東京湾臨海埋立地の造成緑地における植生の現状と将来予測
坂岡由里江・田村憲司・上條隆志・東照雄:伊豆大島三原山カルデラ床北東部における植生回復と土壌養分蓄積
平中晴朗・塩根嗣理・田端重夫・桜井雄:沖縄島中城湾北部の国内外来種ヒルギダマシの群落構造と生育立地
板垣友規子・星野義延・佐藤謙:北海道北見地方における固有種エゾママコナの生育立地の特徴
奥田圭・小金津正昭:ニホンジカの高密度化に伴う植生の改変が鳥類群集に与える影響
内山槙子・平吹喜彦・三塚明典・小野寺裕太:仙台平野の里地農家における屋敷と屋敷林(イグネ)の景観生態学的措写
守田益宗・神谷千穂・佐々木俊法・宮城豊彦・須貝俊彦・柳田誠・古深明・藤原治:岐阜県瑞浪市大湫盆地コアの花粉分析から見た植生変遷
森有史・渡邊誠一郎・佐藤永:個体ベースで天然林動態を扱う動的全球植生モデル(SEIB-DGVM)を用いた人工林動態の研究
Sung-Je Lee・ Keiichi Ohno :Ecological study about the evergreen broadleaved temple forest of S. Korea
平吹喜彦・荒木祐二・鈴木邦雄・塚脇真二・富田瑞樹・パオ ハン:カンボジア・トンレサップ湖岸低地域にみられる「暮らし-植生景観パターン」多様性とその生態系マネジメント評価
田村憲司・井佐芙美佳・浅野眞希・ウンダルマー・ジャムスラン:モンゴル国ステップに分布する土壌の特徴
加藤健吾・伊村智・神田啓史:南極の湖沼底に生育する蘚類の分類と遺伝構造

第14回(2009年)鳥取大会 口頭発表

平吹喜彦・伊藤ひかる・最知智美・遠藤陽子・内山槙子:仙台市堂所の里山農家における屋敷と背戸山の景観生態学的描写
服部千代子・大野啓一:潜在自然植生が異なる都市域に成立した植生景観の比較研究
楠瀬雄三・石川愼吾:離岸堤によって回復した海浜における群落構造の経年変化
村田麻理恵・中森純也:鳥取大学構内における鳥類の利用の季節性と植生の構造の関係
大津千晶・星野義延・末崎朗:秩父多摩甲斐地域を中心とする山地帯、亜高山帯草原に与えるニホンジカの影響
石川愼吾・久住稔・坂本彰:四国剣山系三嶺の稜線部に発達するミヤマクマザサ群落へのニホンジカの食害と防鹿柵による回復状況
吉川正人・今福寛子・今井亮・小原由起:シカ採食圧傾度による落葉広葉樹林の構造と種組成の差異-日光国立公園における許容限界密度指標作成の試み-
佐藤妙・伊藤哲・宗円典久・光田靖:九州中南部の渓畔・河畔域におけるハルニレの分布
北川久美子・島野光司:放棄水田における水辺植生再生のための埋土種子評価-狭山丘陵の事例-
加藤ゆき恵・冨士田裕子・井上京・五十嵐八枝子:猿払川湿原中流域のムセンスゲが生育する湿原の植生
加川敬祐・冨士田裕子・東隆行:絶滅危惧植物チョウジソウ(Amsonia elliptica)の生育環境特性及び分子系統地理
塩野貴之・小出大・持田幸良:森林帯の垂直分布と樹種多様性
小林悟志:開聞岳における植生図とシイ個体の分布範囲の比較
大野啓一:琉球と台湾の亜熱帯照葉樹林とその温度領域の対比
後藤稔治:シデコブシ群落の成立する丘陵地の谷底とその植生について
浜田拓・今野尚美・浅野浩史:浜頓別クッチャロ湖の水生植物相とその分布について
池田浩明・石坂眞澄・山中武彦・細木大輔・稲生圭哉・山本勝利:農業水路における水生植物群落の季節変化に対する除草剤の影響
星野義延:藁撒き工法による河川堤防草原の修復
冨士田裕子:荒廃した泥炭地湿原での地盤掘り下げによる植生復元実験
佐々木寧:土石流災害時における流木の挙動-平成21年7月中国・九州北部豪雨-
中尾茂樹・則行雅臣・森定伸・波田善夫:地域植生図の作成について(中国地方北東部の事例)
中西弘樹・楠目安由・南谷忠志・小川誠:地球温暖化と海流散布植物の分布北上-日本本土における熱帯・亜熱帯起源の漂着発芽植物
沖津進・Valentina PRIKHODKO・松島未和・犬伏和之:ウラル山脈南東部南アルカイム生態保護区周辺の植生景観

第14回(2009年)鳥取大会 ポスター発表

平田晶子・上條隆志・齊藤哲:照葉樹林における維管束着生植物の群集構造:種の共起パターンの階層性
徳岡良則・大東健太郎・中越信和:アズマネザサの優占した耕作放棄地における樹木実生の生残・死亡
飯島浩史・上條隆志・別所直樹・津山幾太郎・小川みふゆ:本州中部奥鬼怒地域の渓畔域におけるウラジロモミの侵入・定着過程
中野隆志・安田泰輔・三田村理子・山村靖夫・丸田恵美子:富士山亜高山帯におけるスラッシュ雪崩による大規模ギャップ形成が遷移に及ぼす影響
今博計・明石信廣・南野一博 :落葉広葉樹林と隣接したトドマツ人工林における広葉樹の種子散布
嵜元道徳・Gregolio Angeles Perez・平山貴美子:モミとツガにおける空間分布パターン、地形対応、共存
川西基博・河内香織・米林仲・崎尾均:荒川中流域の高水敷におけるハリエンジュ群落の林分構造と種組成の特徴
比嘉基紀・川西基博・崎尾均 :荒川中流域における河畔林構成樹木の分布特性
宮本雅人・上條隆志・川越みなみ:三宅島2000年噴火後の樹木の侵入状況
永松大・長田知子:スギ人工林の施業履歴・環境条件と植物多様性の関係
島田博匡・野々田稔郎:三重県における針葉樹人工林に侵入した広葉樹の種組成とその決定要因
山川博美・伊藤哲・中尾登志雄:暖温帯におけるシカ生息密度の異なる針葉樹人工林伐採跡地の植生回復状況およびシカによる採食の選択性
泉団・吉川正人:栃木県箒川の火入れ管理された高水敷の植物相
若松伸彦・鈴木由香・武生雅明・山下実緒・中村幸人・川西基博:長野県梓川氾濫原内のヤナギ科壮齢林における林床植生の違いが森林動態に与える影響
鈴木晴美・古川正人・星野義延:那須野ヶ原扇状地の農業用水路における水生植物相とその分布
日置佳之・木村朋美:ハンノキ沼沢林における異なる人為的撹乱が及ぼす林床植生の変化
藤村善安:ミズゴケ属3種の水文立地環境
板垣友規子・星野義延・佐藤謙:北海道北見地方の流紋岩地域におけるミズナラ林の種組成と土壌
近藤博史・大野啓一・磯谷達宏:中国山地東部地域におけるシオジ林とサワグルミ林の分布とその要因
岩崎慶太・磯谷達宏:茨城県北部の照葉樹林分布隈界域における二次林の分布および組成と構造について
村上雄秀:東南アジアの亜熱帯林の位置づけについて
前川恵美子・武田義明:市街地の法面における植物群落の遷移と外来種・園芸種の侵入に関する研究
早坂大亮・宮内大策・内田泰三 :九州地方の舗装路面間隙に分布・侵入する植物の種特性
齋藤康宏・富田瑞樹・林紀男・原慶太郎(東京:手賀沼流域におけるナガエツルノゲイトウの分布拡大
澤田みつ子・小幡和男・中村徹・上條隆志:関東地方の生育地におけるタチスミレの密度と体サイズ構成
富田瑞樹・平吹喜彦・荒木祐二・ボラリー・パオ ハン・塚脇真二 :QuickBird衛星画像を用いたアンコール遺跡に生残する樹木群集の評価
加藤正士・大野啓一:静岡県熱海市および隣接地域に分布するハコネダケ群落の消長動態の分析・評価
牛腸剛己・富田瑞樹・原慶太郎:千葉県における希少種の分布を規定する環境要因と地史的要因
竹原明秀:西シベリアの森林ステップにおける鳥類営巣地の植生
李晟齊・大野啓一・宋鍾碩:韓国(南西部島嶼・済州島)と日本(九州北西部・対馬)に分布するカシ林の植物社会学的研究
程云湘・浅野眞希・伊藤健彦・Undarmaa Jamsran・篠田雅人:モンゴル・グレートゴビA厳重保全地域の植生
助野実樹郎・石川守・太田遥・小野智郁・中坂高士・D.BATTOGTOKH:モンゴル北部へンティ山地におけるシベリア力ラマツ林の動態-林分構造と地形的位置との関係-
鈴木康平・努尓巴衣 阿布都沙力克・中村徹・上條隆志・川田清和・阿布都沙柆木 加柆力丁:中国・新彊ウイグル自治区北部草原地帯における植物社会学的研究
増井太樹・佐野淳之:蒜山地域の火入れ地における地形と植生の対応

第13回(2008年)府中大会 口頭発表

鈴木晴美・吉川正人・星野義延:統計モデルを用いた水生植物の分布規定要因の解析-多摩川中流域の農業用水路を例として-
堀端純平・冨士田裕子・三木昇・東隆行・藤田玲:標津川蛇行復元予定区域の植物群落の現状とその問題点
加藤ゆき恵・冨士田裕子:知床半島羅臼湖周辺湿原における近年20年の植生変化と現状の把握
川角法子・冨士田裕子:釧路湿原の低層湿原における埋土種子組成
加川敬祐・冨士田裕子:北海道におけるチョウジソウ生育地の植生と立地環境の特性
松村俊和・武田義明:水田畦畔法面の二次草原における管理放棄後の年数と種組成・種数との関係
大橋春香・星野義延・大野啓一:東京都奥多摩地域におけるニホンジカの分布および生息密度の変遷と植生への影響
須田大樹・星野義延:北関東・東海東部に隔離分布するフモトミズナラ林の種組成
原正利:東日本におけるブナの水平・垂直分布とこれを規定する気候・歴史要因について
足立高行・桑原佳子:テンを指標種とした植生の評価
桑原佳子・足立高行:大分川河川敷のヤナギ林の動態についてその4
村上雄秀・安藤彰則:市街地河辺植生の5年聞の動態
山崎俊哉・梅原徹・丸井英幹・惠明・松井淳:木津川砂州の植物群落と主要種の立地特性
石川愼吾・川西基博:上高地梓川の河床砂礫部における先駆樹種パッチの動態
永松大・和田尭之・米原幸子・宮野辰也・満吉花美・福田麻衣子:鳥取砂丘における植物分布とsandblastingの関係
蛭間啓・はなのき友の会:植生学を専門とする地域博物館職員による市民との連携事例-モニ1000・展示企画を中心に-
下田路子:絵図と古文書に記録された景観と植生の変遷-東広島市黒瀬町の事例-
池田浩明:スルホニルウレア系除草剤抵抗性の進化と生活史特性
中西弘樹:島嶼偏在植物の分布と生態
小林悟志:島嶼に分布するシイ類個体群における北限(佐渡島)と南限(屋久島)の違い
服部保・黒田有寿茂・澤田佳宏・南山典子・岩切康二・福井聡・黒木秀一:照葉人工林の自然性はどの程度まで発達するのか
平吹喜彦・菅野洋・蘇徳斯琴:半乾燥・耕作限界域に位置する有畜農村の植生と荒漠化:内叢古自治区・武川県五福号集落の事例
沖津進:南アフリカ西部に分布するバイオームの生育形構造と降水パターンからみた成立機構
大野啓一・加藤健一・増沢武弘:高山植生の定量的解析と評価
程云湘・上條隆志・中村徹:ユーラシア大陸におけるステップ植生の植物社会学的研究
橋本佳延・岩槻邦男・服部保・武田義明・黒田有寿茂・澤田佳宏・石田弘明:中国雲南省南部菜陽河自然保護区における照葉樹林のシダ植物の多様性と地形との関係(予報)
石田弘明・服部保・戸井可名子・武田義明:2タイプの孤立林における林床性シダ植物の種数と樹林面積の関係
阿部聖哉・梨本真:アカマツ-コナラ林における下草刈り停止後のアズマネザザの動態
小山泰弘・上田岳義:長野県北部のスキー場跡地における緑化事例
上條隆志・伊藤祐太郎・玉谷雄太:三宅島2000年噴火荒廃地における地域性系統を用いた緑化地の植生

第13回(2008年)府中大会 ポスター発表

竹原明秀・野田坂伸也・村井宏:亜高山帯での自然破壊後の再生初期植生
小舘誓治:砂防堰堤上流部に発達した植物群落とその土壌環境
川越みなみ・上條隆志:三宅島2000年噴火後の植生遷移と土壌断面
川西基博・小松忠敦・崎尾均・米林仲:渓畔域のスギ人工林における間伐とリター除去が植物の定着に及ぼす影響
黒田有寿茂・石田弘明・岩切康二・福井聡・服部保:屋久島低地部におけるスギ人工林の種組成および多様性とその地域間差異
石丸京子・柳楽忍・猪名川自然林サボータークラブ:猪名川旧堤防のエノキ-ムクノキ林の20年間の植生変化
比嘉基紀・大野啓一:木曽川感潮域におけるニレ科樹種の生育立地
塩野貴之・鈴木拓馬・小出大・持田幸良:天城山における樹種多様性に及ぼす地形・堆積物と林分構造の影響
岡田真樹・吉川正人・福嶋司:富士山南麓のブナ帯域におけるスズタケの分布と地形・土壌との関係
横山卓巳・並川寛司:札幌市藻岩山の落葉広葉樹林における種組成と微地形との関係について
上野直人・寺原幹夫・清和研二:資源環境分布に及ぼす地形の効果
小出大・持田幸良:太平洋側ブナ個体群の更新に与えたシカ摂食の影響
松井哲哉・並川寛司・小林誠・紀藤典夫:ブナ分布最北限域におけるブナ個体群の分布状況とその特徴
伊藤徹・金澤文吾・草刈秀紀・石川愼吾:四国山地剣山山系におけるツキノワグマの爪痕跡からみた利用木本種と植生
平田晶子・上條隆志:維管束着生植物の森林内における垂直方向の分布特性と出現頻度との関係
河野円樹・河野耕三・大沢雅彦:宮崎県串間市の里地地域における草地生植物の種多様性
木村奈穂子・藤原道郎・澤田佳宏:成ヶ島の塩湿地における外来種スズメノナギナタの分布
畑中由紀・大野啓一:チョウジソウの種子発芽特性
江間薫・武田義明:兵庫県における調整水田植生の地域性
兼田侑也・山城沙織・石川愼吾・三宅尚:高知県の中山間地における棚田の耕作放棄及び復田作業による植生変化
松岡憲吾・財津一行・太田謙・波田善夫:岡山県前島の植生-人間活動が森林植生に与える影響-
加藤正士:里山に見る人と自然との共存と自然環境の保全について
山下寿之・志内利明・中田政司・王仲朗・王霜・管開雲:中国雲南省のトウツバキCamellia reticulata自生地における植生
前迫ゆり・シュリ・松村加奈子:内モンゴル草原タルツールにおける衛星画像ALOS/ ABNIL -2データによる植生評価の有効性

第12回(2007年)岡山大会 特別セッション

片岡博行岡山県の湿地に移入された外来食虫植物の現状
西本孝:植生構造を破壊して移植した湿原の移植後の植生変遷
波田善夫:国指定天然記念物鯉ヶ窪湿原の保護保全マニュアル

第12回(2007年)岡山大会 口頭発表

村上雄秀:日本の半陰地1年草群落について(続報)
若松伸彦・菊池多賀夫・大野啓一:八幡平におけるオオシラビソ林の分布パターン-亜高山性針葉樹林の占有度合が異なる地域間の比較-
大野啓一・宋鍾碩:韓国のケヤキ林およびヤチダモ渓畔林の群落体系
原正利 :東日本におけるイヌブナの分布とこれを規定する環境要因について
小林悟志:大隅半島稲尾岳におけるシイ類の垂直分布について
山崎俊哉・丸井英幹・梅原徹:箕面山の森林植生-25年間の組成変化
中西弘樹・小林業・中西こずえ:超閉鎖性湾・大村湾(長崎県)の沿岸と島蝿部の植物相と植生
永松大・山中典和・社盛・侯慶春・張文輝:中国黄土高原の小流域における植生の空間構造
鎌形哲稔・原慶太郎:オブジェクト指向分類による植生界抽出と図化精度の評価
服部保・橋本佳延・南山典子:万葉集の植生学的研究
小山泰弘:長野県のブナ造林木に認められた晩霜害
松村俊和:風倒木着生個体から推定した力ヤランの個体群動態
池田浩明・相田美喜・林成振:水稲用除草剤が絶滅危惧植物に及ぼす影響の日韓比較
斎藤綾子・宮城豊彦・V.N;NAM・H.D.HOAN・C.H.BINH・P.V.TRUNG:マングローブ林の立地における葉層の役割と林床の土砂移動
宮城豊彦・柳沢英明・馬場繁幸・今村文彦・C.Tanavud ・M.Affar:マングローブ林の津波減衰効果に関する定量的な評価例2004年インド洋大津波の調査を総括して
浅見佳世:大出水は大撹乱か-カワラハハコ群落存続の可否を流れから解く-
川田清和・池田浩明:茨城県小貝川におけるアレチウリ発芽サイトの解明
堀端純平・冨士田裕子・三木昇・東隆行・藤田玲:標津川蛇行復元予定区域の植物相・植生の現状と復元時に必要な対策
石田弘明・戸井可名子・武田義明・服部保:都市域の里山孤立林に侵入した緑化・園芸樹木の種組成と種多様性
沖津進:南部アフリカレソト周辺の生態地理景

第12回(2007年)岡山大会 ポスター発表

松江大輔・武生雅明・中村幸人:北アルプス八方尾根の蛇紋岩地域における微地形による土壌-植生系の変化
池田史枝・大野啓一:南アルプス仙水峠の岩塊地に分布する植物群落とその立地環境
菊地亜矢子・上條隆志・清野達之・中村徹:八ヶ岳演習林内の湿地林における植生分布と地下水位
窪山恵美・藤原一繪:都市域と郊外域における孤立した照葉樹林の約30年聞における種数・種組成の変化
仲山真希子・上條隆志・平田晶子:伊豆諸島御蔵島におけるスダジイ巨樹の着生植物の種多様性
松岡憲吾・財津一行・太田謙・波田善夫:岡山県前島の植生-地形属性と植生の関係-
肥後睦輝・寺本匡寛:岐阜市近郊のコナラ二次林における植生管理と下層植生の関連について
三浦弘之・藤原道郎・澤田佳宏・大薮崇司・山本聡・美濃伸之・一ノ瀬友博:兵庫県慶野松原における人間活動と植生の関係
黒田有寿茂・澤田佳宏・服部保:微地形条件の異なる植栽林下層におけるシダ植物の種数および株数比較
中田将人・波田善夫:二次林における当年生コナラ芽生えの生残
久保満佐子・長池卓男:山梨県甘利山におけるレンゲツツジRhododendron japonicumの開花と萌芽の生残に及ぼす要因
酒井絢也・上村滋・矢部和夫:養分ターンオーバーは降雨涵養湿原の植生分布を説明できるか?
森定伸・野崎達也・小川みどり:高知県大岐浜林の植生変遷
岡浩平・吉崎真司・小堀洋美:静岡県遠州灘海岸におけるケカモノハシとビロードテンツキの分布に及ぼす堆砂の影響
比嘉基紀・師井茂倫・大野啓一:木曽川下流域ケレップ水制群周辺における河床の複断面化と植生発達
大和量・中村幸人:多摩川河川敷における一年生草本植物群落の組成と配分
鈴木晴美・吉川正人・星野義延:多摩川中流域の農業用水路における水生植物の分布と生育環境
澤田みつ子・小幡和男・上條隆志・中村徹:茨城県菅生沼のオギ二次草原への火入れ影響
安田泰輔・中野隆志・北原正彦・杉田幹夫:放棄草地における種構成のスケール依存的動態と空間解析
浦野忠朗・川田清和・李勝功・杉田倫明・鞠子茂:モンゴル半乾燥草原における放牧停止が植生の構造に与える影響
川越みなみ・上條隆志:三宅島2000年噴火後のオオシマカンスゲとハチジョウススキの増加様式
伊藤千恵・藤原一繪:侵入種の分布量を決める要因は何か?-トウネズミモチを例として-
兼田信也・松本健吾・石川愼吾・三宅尚:高知県の中山間地における帰化植物の生育立地-いの町成山地区の事例-
前迫ゆり・金子有子:力ワウ生息地における植生景観の変遷
山尾僚・西本孝・波田善夫:里山の森林群落とアリ類の関係

第11回(2006年)松本大会 口頭発表

池田浩明・吉村泰幸・松尾和人:遺伝子組換えダイズの長期栽培が雑草の発生に及ぼす影響
桑原佳子・ 足立高行・ 中西茂樹:植生復元工法施工地における1年目の森林植生復元状況
田村和也・服部保:照葉樹林の埋土種子層
山崎俊哉・丸井英幹・梅原徹:比良八雲ヶ原北部湿原の自然再生1.計画と地形の復元工事
島田直明・平塚明・丹治真季子・黒田恵里・川嶋実菜:北東北における雑木林の管理方法が林床植生に及ぼす効果
八木正徳・星野義延・篠原正太:萌芽更新を計画したコナラ二次林の林床管理の有無が種組成に与える経年的な影響
吉川正人・加藤絵里子・相場芳憲・鷹見雅夫:富士山南麓の風倒跡地における9 年後の植生回復と稚樹の生育状況
宮島悠・佐藤利幸・高橋耕一:乗鞍岳における木本,草本,シダ植物の標高経度にそった植生変化
加藤健一・冨田美紀・長谷川裕彦・佐々木明彦・大野啓一・増沢武弘:南アルプス中・南部の高山植生群落
大野啓一・星野義延・井関智裕・星野・今給黎順子:台湾の中標高域における自然林群落の種組成
石川笑子・波田善夫:岡山市北部の異なる地質地域における地形形状と植生との関係
服部保:かしわもちとちまきの植生学的研究
西脇亜也・岡秀一郎:都井岬草原における外来牧草の侵入・優占状況について
橋本佳延・服部保:東北地方における竹類天狗巣病による竹林枯死の現状
武田義明・花田暁子・内田圭・栃本大介:大阪府千里ニュータウンにおける竹林の拡大と種多様性の低下
栃本大介・服部保・岩切康二:宮崎県綾町の照葉原生林における着生植物の種多様性
根本真理・星野義延:里山地域における地域スケールのβ多様性
本間秀和・福嶋司・松井哲哉・西尾孝佳:イヌブナ林とブナ林の分布の違いを規定する地理的環境要因
小山泰弘・成瀬友季・高橋誠・渡邉敦史・戸丸信弘:長野県ブナ天然林における葉緑体DNA ハプロタイプの地理的分布
岩田直人・星野義延・吉川正人:多摩川河川敷における表層堆積物粒径と出現する植物の種子特性の関係
川田清和・土方直美・中村徹・池田浩明:茨城県小貝川におけるオオブタクサ発芽サイトの群落組成
鎌形哲稔・ 原慶太郎・ 森大・ 赤松幸生・ 李雲慶:オブジェクトベース分類による相観植生図作成手法の検討
三上光一・細井雄次郎:落葉広葉樹林帯における鎮守の森とその125 年間の変化
小林悟志:都市公園(北の丸公園)と天然林(南九州)における雑種分布の比較
程云湘・川田清和・烏云娜・中村徹:モンゴルにおけるステップ植生の植物社会学的研究
沖津進:アフリカ南西部ナミビアに分布するFaidherhia albida とAcacia erioloba の樹型・開花パターン比較

第11回(2006年)松本大会 ポスター発表

長谷川奈美・星野義延・原慶太郎・鎌形哲稔:高分解能衛星データを用いた植生タイプ判別の検討-佐倉市の里山地域を例として-
尾関雅章・堀田昌信・川上美保子・大塚孝一:衛星画像(ASTER)を用いた霧ヶ峰草原の植生変化の割合
肥後睦輝・岡田篤史:東海地方の湧水湿地における微生育立地が植生構造に及ぼす影響
関岡裕明・平山亜希子・松村俊幸:ヨシ根切りによる低茎の湿性草本群落の再生
迫田昌宏・原田昭・橋詰琴美・吉田真:立命館大学自然緑地内における植生保全-移植された中間湿原の管理手法の検討-
山下寿之・中田政司・神戸敏成・大原隆明・橋屋誠・李宏哲:富山県内のアヤメ科植物の分布と群落の種類組成
宮本裕美子・石川愼吾・三宅尚:外来種キツネノマゴ科ヤナギバルイラソウの生態的特性と侵略性の検討
橋本恵・浅原暢貴・石川愼吾・三宅尚:高知県新荘川における河床の複断面化と河辺植生の変遷-特にツルヨシ群落の専有面積の拡大について-
高橋和成・山本圭太・波田善夫:踏圧を利用した河川高水敷の植生転換
比嘉基紀・ 師井茂倫・ 大野啓一:木曽川下流域ケレップ水制周辺の植生とタコノアシの生育立地
師井茂倫・ 比嘉基紀・ 大野啓一:木曽川下流域ケレップ水制周辺に生育するタコノアシ個体群の立地環境
川西基博・島津弘・石川愼吾・岩田修二・山本信雄:長野県上高地における地形変化と植生動態
斎藤達也・大窪久美子:三峰川下流部河川敷における外来植物オオキンケイギクCoreopsis lanceolata 侵入群落の構造と立地環境条件
藤原道郎:特定外来種ナルトサワギク( Senecio madagascariensis Poiret) の兵庫県淡路島における分布と生育立地特性
大塚孝一・尾関雅章・須賀丈:長野県飯山地域におけるカツラマルカイガラムシによる樹木枯れ
小野逸人・荒木眞之・上條隆志・中村徹:つる被害を放置した人工林における植栽木の被害実態
磯谷達宏・樋口健太郎:八ヶ岳西岳南西斜面における管理放棄型カラマツ植林地の群落構造
黒田有寿茂・澤田佳宏・服部保:斜面工法の異なる植栽林の下層植生における組成および種数の比較
長島千夏・藤原道郎・一ノ瀬友博・美濃伸之:淡路島に生育するアゼトウナの分布状況を基にした生育地の保全に関する一考察
澤田佳宏・松村俊和・黒田有寿茂・服部保:スキー場は草原生植物の避難場所として機能するか?兵庫県但馬地方におけるスキー場植生の種組成
山崎智彦・福島司:東京23 区北西部地域の広域避難場所における樹林の防火力診断
福井聡・武田義明・小舘誓治・高橋敬三:神戸市再度山永久植生保全地におけるマツ林の遷移
竹原明秀・佐藤雅巳・村田野人・千葉博・高橋秀洋・小水内正明:早池峰山における高山植物の出現状況
中村琢磨・高原光:八甲田山の山地帯から亜高山帯にかけての林内表層堆積物の花粉組成と植生の関係
若松伸彦・大野啓一:東北地方オオシラビソ疎林の実生定着を規定する要因について
伊藤哲・近澤亜也子:九州脊梁山地のモミ・ツガ林-冷温帯落葉広葉樹林移行帯における尾根植生の変異と立地環境
別所直樹・小川みふゆ・上條隆志・津山幾太郎:奥鬼怒地域におけるウラジロモミ・シウリザクラ林の構造と13年間の森林動態
仲山真希子・上條隆志:三宅島照葉樹自然林における2000年噴火前後の植生変化
小嶋紀行:伊豆諸島利島における東西斜面間での垂直分布の差異の成因
牛島早絵・山本美和・大野啓一:熱海市の植生に関する植物社会学的研究-コナラ林を中心として-
佐藤利幸・尾花陽介・高橋耕一・井田秀行:中部山岳におけるシダ植物相の山塊効果について
清水理恵・島野光司:サドノウサギの植生利用
百瀬剛・山本雅道・桜井智子・松本章夫・山田徳生・島野光司・吉田利男:松本市街地の水路特性と水生動植物-市街地における水路の価値を見直す-

第10回(2005年)広島大会 特別セッション

菊池多賀夫:「植生図を植生学から考える」に先立って-あいさつ-
波田善夫:環境省植生図と二次林の凡例体系
原慶太郎:リモートセンシングによる植生構造の解析-植生図化における現状と課題-
星野義延:二次林の植生凡例
豊原源太郎:植生単位の抽出と植生図化

第10回(2005年)広島大会 口頭発表

沖津進:アフリカ南西部ナミビアのサバンナにおける樹形変化
大野啓一・宋鍾碩 :韓国鬱陵島の海岸植生
程云湘・川田清和・中村徹:ユーラシア大陸西部におけるステップに関する植物社会学的研究
川田清和・中村徹:内蒙古の草甸草原における農耕地周辺の草原にリターがない理由
竹原明秀:西シベリアの森林ステップにおける草原植生
秋田鉄也・酒井憲司・岩淵祐子・星野義延・叶旭君:航空マルチスペクトルイメージングを用いたコナラ収量推定法の開発
上林徳久:植生調査における衛星データ利活用に関する提案
太田謙・波田善夫:岡山県備前瀬戸地域の植生-格子間隔50mDEMと25mDEMの比較-
森定伸・田村徹・波田善夫:数値地図情報を用いた植生図作成手法-岡山県南部における事例-
松林健一・日置佳之・長澤良太・日置和之・原誠一・平城尚史:自然環境の階層別分類基準を取り入れた植生図の作成
鎌形哲稔・李雲慶・赤松幸生・森大・星野義延・原慶太郎:高分解能衛星リモートセンシングデータを用いた植生図作成手法の検討-ピクセルベース分類とオブジェクトベース分類の比較-
池田浩明:放棄畑の二次遷移における外来植物の10年間の発生消長
須田隆一・六田宗一郎・薛孝夫:福岡県四王寺山麓におけるハンノキ林の動態
大場健太郎・星野義延・松田梨香:都市近郊二次林における19年間の種組成の変化
尹鍾学・福嶋司・金文洪:環東海(日本海)域の植生分布と組成に関する比較研究
須田大樹・星野義延:北関東におけるモンゴリナラ林の分布と組成
阿部聖哉・梨本真・小林卓也・松木吏弓・竹内亨:アカマツ林とコナラ林における下草刈り停止後の林床植生と光環境
島田和則 ・勝木俊雄・生亀正照・中涼子・齊藤修:東京都多摩地方南西部におけるコナラ・クヌギニ次林の群落構造と管理との関係
中西弘樹・中西こずえ:ハマボウ(アオイ科)の個体群多様性と地理的分布
石川愼吾・福岡やよい・三宅尚:テリハノイバラとノイバラの生態学的特性と河川域における分布特性
迫田昌宏・原田昭:和歌山県友ヶ島のトサムラサキの生育環境
齊藤みづほ・星野義延・吉川正人・安田恵子・星野順子:西表島における渓流辺植物群落の生態学的研究
橋本佳延・服部保・小舘誓治・鈴木武・石田弘明:竹林の天狗巣病による衰退と種多様性の変化
棟田貴子・伊藤哲:絶滅危惧種ハナガガシの世代間における遺伝的多様性の比較
栃本大介・服部保・石田弘明・武田義明・福井聡:六甲山におけるイヌブナの分布・個体群構造・結実サイズ
小林悟志:久木野林木遺伝資源保存林(IBP調査区域)におけるツブラジイとスダジイおよび雑種の分布パターン
島野光司・井田秀行:北信州の里山におけるノウサギの冬季の二次林選択性
桑原佳子・足立高行・中西茂樹:植生復元工法施工地における森林の復元過程について(予報)
西脇亜也・井戸田幸子・李国梅・宋仁徳・長谷川信美・福田明・諾布文江・才仁旦周・呂玉城・老賽巴:中国青海省のチベット高原における野草放牧地での植生と土壌との関係

第10回(2005年)広島大会ポスター発表

藤原道郎・美濃伸之・吉村亨子・浅見佳世・田村和也・赤松弘治・服部保・武田義明:植生図の定量化-目視判読は地理情報システムによる解析にどこまで迫れるか-
松浦俊也・鈴木和次郎:DEMを用いた傾斜変換線にもとづく小地形の自動分類による潜在植生図作成の試み-岩手県胆沢川支流小出川流域を事例に-
菊池亜希良・中越信和 :ひとつの植生調査資料に表現された生物多様性のダイナミクス
平田晶子・上條隆志・中村徹:関東地方東部における人工林の種組成と地理的分布
窪山恵美・飯田尚宏・藤原ー繪:関東地方における社寺林の23~34年間の種組成の変化-ヤブコウジ-スダジイ群集とシラカシ群集において-
谷川敦子・吉川正人・福嶋司:日光戦場ヶ原の土砂堆積地における過去22年間の植生変遷
位田真弓・波田善夫:岡山県南部における自然植生-森林構成樹種と林床植物相からの遷移段階の推定-
藤谷佳代・亀井康弘・波田善夫:岡山県旭川下流域の河川植生の変化の傾向-1981年と2004年の比較-
鈴木重雄・髙岡貞夫・中越信和:タケノコ生産衰退期に生じた放棄竹林の拡大過程
持田誠・冨士田裕子・秦寛:北海道のミズナラ林を利用した林間放牧地の遷移
上條隆志・加藤拓・島田和則・清原論高・松田深雪・樋口広芳:火山ガス影響下における三宅島2000年噴火後4年間の植生変化
徳岡良則・黒田有寿茂・向井誠二・豊原源太郎:山口県岩国市城山における照葉樹林の遷移について
加藤ゆき恵:大雪山におけるムセンスゲCarex lividaの初発見地を検討する
山下寿之・和田直也:富山県内のヒメザゼンソウが出現する群落
高橋克明・中村幸人・武生雅明:中部日本における亜高山性針葉樹林の組成と積雪深
野宮治人・金指達郎・鈴木和次郎:日本産ニレ属3種の種子休眠と発芽特性について
蛭間啓:日本海型ブナ林構成種の長野県下伊那地域における生育状況
肥後睦輝・澤野圭:東海地方の耕作放棄水田跡地に再生した湿地における生育環境の多犠性と木本植物の侵入定着
永松大・小南陽亮・齊藤哲:絶滅危惧種ヤクタネゴヨウの更新立地類型化
早坂大亮・藤原ー繪:亜熱帯砂浜海岸林における多種の共存可能性
宮本裕美子・石川愼吾・三宅尚:ヤナギバルイラソウの生態学的特性と自然生態系における繁殖の可能性
田川哲・石川愼吾・三宅尚:草原生絶滅危惧植物数種の分布と実生の定着に関わる生態学的特性
根本真理・星野義延:地域フロラの希少性の類型化とその出現傾向-関東の里山地域における事例-
吉川正人:都市緑地内に成立する植物群落が都市域の植物相維持に果たす役割
長岡総子・和田美貴代・ー澤麻子・阿部聖哉・畠瀬頼子:多摩川中流域における河川敷植生の復元に及ぼす立地環境の影響
池田和宣・植野誠二・永井正身・朝日稔:土壌動物の生息状況から見た環境保全林の自然性評価について
山川博美・伊藤哲・福里和朗:人工林伐採後の森林再生に関する種組成の評価手法の検討
伊藤哲・須藤陽子・中山誠・西脇亜也:千野川の河道工事に伴う植生再生の評価-新旧河道における種組成の比較-

第9回(2004年)宮崎大会 口頭発表

蛭間啓・ 福嶋司:冷温帯生広葉草本種が示す生育立地の地理的差異に関わる植生史的背景
中西弘樹・ 岩城太郎:サキシマフヨウ(アオイ科)の分布・生態・形態
沖津進:極東ロシア沿岸地方南部に分布するモンゴリナラ-ヤエガワカンバ林の構造と植生地理学上の意義
野宮治人・ 金指達郎・ 鈴木和次郎:立地の違いによるハルニレ当年実生の発生パタン
桑原佳子・ 足立高行:大分川河川敷の実生ヤナギ林の動態について
野田浩・ 吉川正人・ 福嶋司:本州中部の扇状地河川沿いに成立するコナラ林の分布と種組成
高田和典:北海道東部当幌川の河辺植生とその立地環境
矢ヶ崎朋樹・ 村上雄秀・ 向川泰弘:福井県の里地河川における植生回復のための基礎的研究-植物群落の分布に基づく河辺植生景観の類型とその評価
久保田康裕・相場慎一郎:西表島の亜熱帯林における地形・土壌水分傾度と林木種空間分布の関係
山崎俊哉・ 丸井英幹・ 梅原徹:箕面における山林利用の歴史と植生変遷
豊原源太郎:アカマツ二次林とコナラ二次林の群落分類について
服部保:照葉樹林の種多様性
中尾勝洋・ 福嶋司:九州地方における常緑広葉樹林域での林冠優占樹種の分布構造に関する研究
佐藤保・ 江藤幸二・ 齊藤哲:宮崎県高岡町における老齢照葉樹林の林分構造
須股博信:大分県西部・玖珠川河岸壁(阿蘇溶岩)上部のシラカシ群集
田内裕之・ 佐藤保・ 垰田宏・ 中村松三:コジイ林の再生様式-伐採後18 年間の動態-
伊藤哲・ 大塚久美子・ 山下寿之:九州東・南部におけるアカガシ亜属7 種の生態分布
大野啓一・ 磯谷達宏・ 小川みふゆ:冬緑種を主要構成種とする暖温帯の沢沿いソデ群落
野嵜玲児・ 岸本陽子・ 清川真理子・ 櫻井利恵:東播磨南部におけるウンヌケ属植物の個体数推定
川田清和・ 中村徹:内蒙古シリンゴル草原における農耕が典型草原におよぼす影響
程云湘・ 中村徹:ウクライナ、ハリコフ周辺におけるステップに関する植生学的研究
西脇亜也・ 宋仁徳・李国梅・ 長谷川信美・ 井戸田幸子・ 福田明:中国青海省のチベット高原における草原植生の優占種の分布について
小薗正治・ 長谷川信美・ R.Chowdappa・ 鈴木志帆・ 塚本武弘・ 野上寛五郎・ 藤代剛・ 園田立信:幼齢ヒノキ造林地における黒毛和種雌牛の行動とススキ現存量の変化
竹原明秀:北上川河口域におけるヨシ原の埋土種子集団
中西正・ 柴田美子:大森湿地の特性と植生変化
菊池亜希良・ 新井章吾・ 玉置仁:沖縄県沖縄市泡瀬干潟のカワツルモ群落と生育環境
三谷修・ 福島司:房総半島南部の地すべり地植生とその保全に関する研究
汪偉川・ 河井克之・飯塚敦:蒸発散に伴う地盤の応答
太田謙・ 波田善夫:植生と格子間隔の異なるDEM より算出される地形情報との対応関係
原慶太郎・鎌形哲稔・ 李雲慶・ 江田敏幸:異なる分解能の衛星データを用いた植生解析
片岡博行・ 西本孝・ 波田善夫:岡山県北部における湿原植生の40 年間の変遷-集水域での植生管理の変化が湿原植生に及ぼした影響-
小池宏和・ 永田修・ 飯山一平・ 冨士田裕子:美唄湿原の高層湿原植生の復元実験
植野誠二・ 小野由紀子:関西電力株式会社における持続可能な環境保全林の発達経過について
菅沼孝之・ 小野由紀子:大規模環境保全林の造成に関わる提案
青島正和・ 西村正和・ 上谷兼一・ 小塩恒夫:鉄道法面緑地は豊かな生物生息空間

第9回(2004年)宮崎大会 ポスター発表

垰田宏・ 島田和則:植生情報データベースの作成
橋本啓史:鳥類の生息環境評価のための植生図のあり方を考える
久保満佐子・ 小林隆人・ 北原正彦・ 林敦子:富士山麓上ノ原地区における草原植生と蝶(成虫)の分布との関係
伊藤千恵・ 藤原一繪:トウネズミモチとネズミモチの生態的相違と共存可能性について
渡邊幹男・ 小柳紘美・ 鈴木愛・ 櫛田敏宏・ 鈴木健介・ 岩瀬亮・彦坂和秀・ 芹沢俊介:帰化タンポポは日本に来てどのように変化したか-愛知県岡崎市のタンポポの遺伝的特性-
前迫ゆり・ 名波哲・ 神崎護:春日山照葉樹林における移入種の分布と要因解析:GPS とGIS による量的把握
開原明・ 岡田久美子・ 西脇亜也:河川法面の刈り取りによるセイタカアワダチソウの抑制
松村俊和:畦畔法面植生における種子供給源からの時空間的距離と出現種数との関係
山野紀子・ 高橋愛美・ 石川愼吾・ 三宅尚:絶滅危惧植物ホソバヒメトラノオの生活史特性
田川哲・ 河野円樹・ 菊地なつ紀・ 宮本裕美子・ 石川愼吾・ 三宅尚:草原生絶滅危惧植物数種の生態学的特性と個体群構造
笹木義雄・ 森本幸裕:阿万吹上浜(淡路島)に成立した海浜植生の群落構造と立地要因
土畑正和・ 大野啓一:高知県南西部における海食崖上の群落組成と海岸線の関係
山下寿之:日本海側分布北限域のスダジイ林の群落構造
永松大:山陰東部-氷ノ山・扇ノ山ブナ林、林分構造からみた現状
金谷整一・ 名越裕一・ 武生雅明・ 中村幸人:種子島におけるヤクタネゴヨウ林分の種組成と群落構造
和田美貴代・ 菊池多賀夫:上高地におけるハルニレ林の更新動態
長谷川信美・ 小薗正冶・Rekha Chowdappa・ 野上寛五郎・ 平田昌彦・ 高木正博・園田立信:幼齢造林地放牧における黒毛和種雌牛の行動とその環境に与える影響
R.Chowdappa・N.Hasegawa・ M.Goto・ A.Nishiwaki・ T.Fujishiro・ T.Sonoda:Grazing behaviour and rumen constituents of japanese black cattle in native pasture
村山和也:施肥条件下でのススキの生産量と窒素吸収量に関する研究

第8回(2003年)熊谷大会 口頭発表

竹原明秀:西シベリア・チャニー湖周辺の植生
沖津進:ナミビアにおけるサバンナ植生景観の変化
加藤ゆき恵・冨士田裕子:国後島古釜布の湿原におけるムセンスゲの生育環境
寺下史恵・石渡一江・藤本哲久・波田善夫:地質・地形と植生-岡山県御津地域における花崗岩地域と堆積岩地域の比較-
太田謙・森定伸・波田善夫:50mメッシュDEMを用いた香川県小豆島の現存植生と地形・地質
森定伸・波田善夫:植生図作成のための地質・地形情報-香川県大川山周辺における事例-
原慶太郎・須崎純一・鎌形哲稔・安田嘉純・朴鍾杰:リモートセンシングによる異なったスケールの植生把握
大野啓一・宋鍾碩:環日本海地域に分布するナラ林の植生分類体系
島田直明:岩手山麓における防風林の種組成について
斉藤修・星野義延:北関東のシイタケ原木林(コナラ二次林)の林分構造と管理形態が林分スケールの種多様性と種組成に及ぼす影響
村上雄秀・林寿則・矢ケ崎朋樹:福井県武生市西部の植生-遷移度を用いた地域植生の序列化の試み-
加藤順・林一六:アカマツ林からミズナラ林への遷移過程の量的側面
長島康雄・平吹喜彦・長谷川巧:樹型評価からみた老齢防潮林で分布拡大しているシロダモの位置付け
渡邊定元・橋本和昌・浅香亘:荒川中流域エノキ河岸林の群落構造
福井美月・安斉美帆・神戸友子・渡邊定元:国営武蔵丘陵森林公園における二次林の遷移段階とその林型
高柳絵美子・上條隆志・小川みふゆ・津山幾太郎:本州中部奥鬼怒地域の針広混交林における主要構成樹種の更新様式
若松伸彦・菊池多賀夫:林床タイプの異なるオオシラビソ林におけるオオシラビソの成長パターンの違いについて
波多野玄・吉川正人・福嶋司:関東南部太平洋側ブナ林における種組成の季節変化の比較
大野啓一:暖温帯におけるタニギキョウのフェノロジー
阿部聖哉・梨本真・竹内享・松木吏弓・石井孝:秋田駒ヶ岳のイヌワシ行動圏における植物群落
大橋春香・星野義延・大野啓一:奥多摩におけるニホンジカの生息密度増加に伴う植生の変化
崎尾均:渓畔林構成樹種に及ぼすニホンジカの影響
川西基博・石川愼吾・島津弘・大野啓一:上高地の河畔林における林床植生の種組成と微地形との対応関係
石川愼吾・柳川智世・江角麻希子・三宅尚:ノイバラの生態学的特性と河川の砂礫堆における分布拡大様式
野嵜玲児・早田祥子・久田真理:近畿地方北部の河川上・中流域におけるツルヨシ群落の種組成
川原照彦:河口域植生の遷移~諌早湾に流入する本明川における植生の変化について
畠瀬頼子:多摩川永田地区における造成河原に成立した植生
村上雄秀・矢ケ崎朋樹・鈴木伸一・安部聖哉:都市河川における河辺植生の回復に関する研究I-福井市周辺の河辺植生類型-
矢ケ崎朋樹・村上秀雄・安藤彰則・坂田正宏:都市河川における河辺植生の回復に関する研究Ⅱ-自然再生実験地での2ヶ年の植生動態-
北村直也・星野義延:多摩川中流域における河川堆積物のシードバンク
安島美穂・荒木佐智子・後藤章・鷲谷いづみ:渡良瀬遊水地における湿地植生復元のための中規模シードバンク調査
池田浩明:絶滅危倶植物タコノアシの種子水散布特性の個体群間変異
栗山みどり・森定伸・渡辺敏・榎本敬・角野康郎・園井秀伸・波田善夫:汽水性沈水植物イトクズモの生態と保護・保全-岡山県南部淡水干拓地での事例-
原田昭・迫田昌宏:四国東南部の水田雑草群落について
根本真理・星野義延:里山地域における植物の種多様性と群落多様性の関係(2)-水田耕作の有無による比較を中心に-
桑原佳子:久住高原における草原の保全・復元の試み(第4報)
須藤悠太・星野義延:奥多摩地域への来訪者による種子の持ち込みが路傍植生に与える影響の可能性
大和田学・佐々木寧:都市内の植栽帯の防火機能の有効性と限界

第8回(2003年)熊谷大会 ポスター発表

白石貴子・齊藤範子・渡邊定元:斜面方位による光環境の違い
齊藤範子・白石貴子・渡邊定元:斜面方位によるコナラ葉の光吸収の違い
森山輝久・渡邊定元・芝野伸策・大屋一美・鈴木憲:階層を異にしたウダイカンバ,ミズナラ, トドマツ3種の空間分布および光環境
小林誠・森山輝久・渡邊定元・北畠琢郎:分布最北限ツバメの沢ブナ林における植生構造の16年間の変化
江島淳・中村徹・上條隆志:冷温帯域における急傾斜地の群落構造
永松大・小南陽亮・齊藤哲・佐藤保・金谷整ー・手塚賢至:林分構造からみたヤクタネゴヨウと混交樹種の競合関係
金谷整一・玉泉幸一郎・伊藤哲・斉藤明:屋久島におけるヤクタネゴヨウ林分の種組成
肥後睦輝・佐藤洋美:都市近郊二次林におけるコシアブラ個体群の動態
伴邦教・武田義明・宋鍾碩・中川重年・譚学仁:中国遼寧省におけるモンゴリナラ二次林の種組成
島田豊・荒木眞之:スギ人工林の間伐による林床の種組成と種多様性の変化
澤田佳宏・津田智:徳島県鳴門市の海浜における防波堤工事後の植生回復
関岡裕明・亀山順子・中本学・下田路子:ササ草原からススキ草原への転換と維持管理
西崎有佳子・高橋和成:親しめる校庭雑草群落づくりの検討
中西弘樹・田尻夏紀:イネ科植物が優占した群落とその種子生態
渡邊幹男・櫛田敏宏・二橋由美・浅井常典・芹沢俊介:人為的に遺伝的浮動を起こしてしまった絶滅危倶植物ナガバノイシモチソウ集団の復元(2) -遺伝的多様性の復元は可能か-
玉谷雄太・小幡和男:茨城県小貝川における河床部微地形とキタミソウの生育分布との関係
森本浩輔・佐々木寧:サクラソウ個体群動態の画像解析
周進・橘ヒサ子:北海道勇払湿原の土地利用・被覆変化
雷耘・大野啓一:暖温帯沖積低地に分布するハンノキ林の植生とその成長動態
加藤瑞樹・藤原一繪・荒木俊幸:岩質切土のり面の微地形に成立する植生の植物社会学的研究
小川政幸・上條隆志・荒木眞之・黒田吉雄・北片千晶・曽根祐太:八ヶ岳演習林の湿原・湿地林・ミズナラ林における地上部現存量・純一次生産量・リター量の比較
伊藤哲・光田靖:九州のブナ林の分布に関する立地解析-気象・地質・地形および植生データを用いた解析事例-
清原諭高・上條隆志・加藤拓・島田和則・羽柴敬子:三宅島2000年噴火後3年間の植生変化
内山慶之・磯谷達宏:伊豆半島南東部の新第三系と第四紀火山における二次林の分布と組成
尾澤彰・渡邊定元:蛇紋岩立地と結晶片岩立地におけるコナラ・リョウブ・ミツバツツジのecological niche とhabitat

第7回(2002年)つくば大会 口頭発表

島田和則・勝木俊雄:都市近郊林の気象害跡地における木本種の侵入初期過程
島野光司・高橋耕一・藤田淳一:山火事後のアカマツ林における植生回復
金子泰子・吉田充志・渡遺定元:富士山無植被ヒノキ林風害跡地に再生したフロラの特徴
前中智夏・吉川正人・福嶋司:群馬県・玉原高原における異なる伐採圧をうけたブナ林の10年間の動態
根本真理・星野義延:里山地域における植物の種多様性と群落多機性の関係
村上雄秀・谷ヶ崎朋樹:孤立木調査に基づく市街地潜在自然植生の推定の試み
小林誠・渡邊定元:分布拡大する北限界ツバメの沢ブナ林の林分構造
中尾茂樹・迫田昌宏・原田一二三・三宅慎也:兵庫県南西部の森林植生と立地環境
森定伸・山崎通敬・能美洋介・波田善夫:香川県豊島の植生(地質・地形と植生の関わりについて)
寺下史恵・石渡一江・藤本哲久・能美洋介・波田善夫:岡山県南部の森林植生-地質・土壌と植生-
長島康雄・平吹喜彦・長谷川功:老齢防潮林における鳥散布型常緑樹種稚樹の定着様式
黒田有寿茂・甲斐崇・向井誠二・豊原源太郎:宮島(弥山原始林)におけるモミ・ツガ林
渡邊定元・斎藤範子:限界樹高軸でみたブナのニッチ・ハビタット・エコトープ 多良山系タワラギ山の分布西限のブナ林における事例
斎藤範子・渡邊定元・原島高:多良山系分布西限ブナ林における斜面方位による主要構成種の順位係数 一つの山岳において群落構成種の種間関係はどの程度変化するか
大野啓一・宋鍾碩:日本と韓国に分布するコナラ林の植物社会学的研究
豊原源太郎:アカマツ-ウバメガシ群集について
土畑正和・菊池多賀夫:ウバメガシの更新メカニズムと生存戦略
大野啓一:アケボノシュスランのフェノロジーと分布
佐野哲也・持田幸良:ミズナフ二次林構成種の空間パターンとシュートフェノロジーとの関係
林一六:冷温帯落葉広葉樹林の開葉と落葉
前迫ゆり・松村みちる・和田恵次:ニホンジカの樹皮剥ぎ行動からみた樹木選択
池田浩明・原田直國・西村誠一・伊藤一幸:休耕田植生による水田懸濁物質の移行・拡散防止機能
篠島美雪・星野義延:伊豆諸島及びその周辺域における有刺植物の刺の地理的変異
木村健太郎・上條隆志・谷尚樹・津村義彦:葉緑体DNA塩基配列分析による日本産クリガシ属の遺伝構成と従来の分類との関係
永松大・小南陽亮・佐藤保・斎藤哲・手塚賢至・金谷整ー:屋久島尾根斜面におけるヤクタネゴヨウと混交樹種の関係
加藤拓・上條隆志・田村憲司・東照雄:三宅島における一次遷移に伴うスコリア由来土壌の養分蓄積変化
畠瀬頼子・長岡総子:多摩川中流域における河川敷植生の秋から春にかけての面的変化
三宅尚・広瀬貴大・桑原淳・石川愼吾:高知県仁淀川の砂礫堆における10年間の植生動態
吉川正人・平中春郎:関東平野北部の扇状地河川沿いに成立する落葉広葉樹林の種組成
根岸知子・中村太士:釧路湿原におけるハンノキの成長量と物理環境の関係について
橘ヒサ子・佐藤雅俊・松原光利・周進:北海道北部サロベツ湿原におけるササの分布について
迫田昌宏・原田昭・中尾茂樹・谷口心也:古琵琶湖層群上に成立する湿原の保全-立命館大学自然緑地における湿原保全の取り組み-
渡邊幹男・巴貴子・神谷奈津美・二橋由美・櫛田敏宏・浅井常典・芹沢俊介:人為的に遺伝的浮動を起こしてしまった集団の復元-豊明市に生息する絶滅危慎植物ナガバノイシモチソウの遺伝的多様性-
鈴木伸一:利根川源流域周辺の雪田植生-特にイワイチョウ群団について-
冨士田裕子・井上京:札幌市篠路湿地の植生・水文環境の現状と保全について
木暮朋子・福嶋司・吉川正人・加藤誠・星野義延・鈴木伸一:群馬県玉原湿原における植生分布と地下水状況の関係について
樫村利道:西吾妻馬場谷地湿原の歩道整備に伴う水理の変化について
杉村康司・沖津進:筑波山における樹幹着生蘚苔類と林床蘇苔類の種組成と分布特性
沖津進・澤口晋ー・長谷川裕彦・神田啓史:カナダ北極エルズミア島における氷河後退モレーン上の植生発達
中西正:海浜植生の人為撹乱からの回復
桑原佳子:久住高原における草原の保全・復元の試み(第3報)
野嵜玲児・井上牧子・今西朋子・三原加帆里:ヤマジソ群集について-東播磨南部の禿山地帯の新草本群集-
第7回(2002年)つくば大会 ポスター発表
田村憲司・小幡和男・飯田勝明:屋上緑化住宅の植生 1.緑化屋上の構造と管理について
小幡和男・田村憲司・飯田勝明:屋上緑化住宅の植生 2.緑化屋上の植生遷移について
磯谷達宏・荒井義幸:三浦半島森戸川流域におけるネコノメソウ属2種の分布と微地形条件
矢内晃子・許琴蘭・大野啓一:景観生態学による地域緑地の環境評価
広瀬彩奈・建元喜寿・黒岩健一・中村徹:都市近郊の学校園が果たす里山の役割
深澤晋作・阿部真・田内裕之・中村徹:択伐林の植生構造を決定する要因の解析
山下寿之:富山県におけるコナラ二次林の種類組成と遷移
江島淳・中村徹・上條隆志:筑波大学井川演習林における二次林の植生学的研究
伊藤哲:九州のモミ・ツガ林-ブナ林移行帯における植生のモザイク構造
持田誠・冨士田裕子・泰寛:北海道日高地方のミズナラ林及びヤチダモ林における林間放牧が種組成と種数に及ぼす影響
高田裕・上條隆志:伊豆諸島におけるスダジイ自然林の種多様性パターン
山本圭太・妹尾三嶺・高橋和成・波田善夫:草刈頻度の異なる旭川高水敷の植生比較
戸来吏絵・上條隆志・中村徹:つくば市北東部における休耕田の植生
川田清和・中村徹:内蒙古における農耕地由来の土壌が草原植生に及ぼす影響
大黒俊哉・白戸康人・今川俊明・谷山一郎・藤原英司・常学礼・張銅会・趙哈林:中国北東部ホルチン草地における植生分布と砂質土壌の関係
横山政史・大野啓一:干潟植生とその成立要因

第6回(2001年)盛岡大会 口頭発表

大野啓一:アイアシ群集について
宮崎卓・星野義延・福嶋司:コジイ-クロバイ群集の植物社会学的再検討
雷耘・大野啓一:ゴマギ-ハンノキ群集とムクノキ-エノキ群集の種組成と立地
黒田有寿茂・向井誠二・豊原源太郎・池田誠慈:宮島における生残アカマツ二次林の植物社会学的研究
黒田有寿茂・池田誠慈・向井誠二・豊原源太郎:宮島における森林植生の遷移に関する植物社会学的研究
吉川正人・福嶋司・星野義延・金文洪:韓国・鬱陵島の森林植生の種組成と植生地理学的特徴
田中徳久:標本データによる植物地理区分-植物地理学への展開-
杉田久志:上越山地を中心とする山域の亜高山帯林における樹種の優占・垂直配列パターンの地理的変異
平吹喜彦・會田憲之:自鏡山温帯混交林における高い景観・植物種多様性とその存在機構の検出
Mamoru Kanzaki ・Kriangsak Sri-ngernyuanget al.:Habitat differentiation of Lauraceae species in a tropical lower montane forest of NorthernThailand
石原修一・川西基博・渡辺亮・田中伸治・藤本潔:奄美大島住用川・役勝川河口マングローブ林における植生の帯状配列と立地
持田幸良・石原修一・石井智陽・横山一郎・藤本潔・宮城豊彦・馬場繁幸:分布北限域(西表島)と中心域(タイ・ベトナム)に成立するマングローブ林の比較研究 I.群落構造とその立地
橘ヒサ子・植野真樹・斎藤雅彦・佐藤雅俊:北オホーツク浅茅野湿原におけるアカエゾマツ林の組成と構造
川西基博・菊池多賀夫・大野啓一:上高地古池沢沖積錐における林床植生の分布特性
永松大・小南陽亮・佐藤保・齊藤哲:宮崎県綾照葉樹林における林分構造と地形要因
岸田章一・出口博則:コジイ林域の二次林の遷移段階と表層地質との関係
澤田佳宏・武田義明:遠州海岸における海浜植生と海浜幅の関係
大森威宏:青森県におけるヤチヤナギの分布とハピタット
沖津進:南極昭和基地周辺に分布する蘚類群落の構造と更新動態
橘ヒサ子・佐藤雅俊・新庄久志:群馬岳湿原の植生
周進・橘ヒサ子:Land use changes in Sarobetsu Mire・ Hokkaido・ since 1898
林一六:世界の植物群落分類体系
上條隆志・加藤拓・島田和則・高田裕・松永壮太:三宅島2000-2001年噴火が植生に与える影響
津田智・澤田佳宏・高橋康夫・笠原久臣・後藤晋・安島美穂:北海道富良野における1914年の山火事による焼失地の植生
八木健爾・武田義明・赤松弘治:淡路島におけるウバメガシ二次林の遷移
島田和則・勝木俊雄:都市近郊林の放置された気象害跡地における再生林の成立過程
大野啓一・星野義延:過去17~20年に生じた奥多摩地方の群落種組成の変化-とくにニホンジカの被食圧との関係について-
永見直樹・上條隆志・菊池健一:八丈小島の植生
長島康雄・横澤秀夫・平吹喜彦・大柳雄彦:老齢防潮林への鳥散布樹種の侵入
山崎俊哉・丸井英幹・梅原徹:森林表土まきだし15年後の回復植生
黒木志穂子・持田幸良:ミズナラ二次林下に生育するヒメイチゲの分布特性(2)
蛭間啓・福嶋司:東日本の冷温帯域における林床生の多年生広葉草本種の挙動
持田誠・冨士田裕子・高橋英樹:林間放牧地のマルミノウルシについて
馬場明子・大野啓一:河辺に生育する草本植物の発芽特性
松村俊和:淡路島北部地域における圃場整備地と非整備地との水田隆畔法面植生の比較
中西正:ヌマガヤの器官別栄養配分変化
菅原裕子・石川愼吾・鎌田磨人・荒木悟・國井秀伸:徳島県吉野川下流域におけるイセウキヤガラ個体群の動態
目黒聡・滝口政彦:ヒメバイカモの分布と生活史
樫村利道:福島県中山風穴の冷却機構について
中西弘樹:ハマボウ生育地の保全の現状と問題点
高木朝子・上條隆志・小川みふゆ・荒木眞之:栃木県栗山村の採草地植生とその現状
桑原佳子:久住高原における草原の保全・復元の試み(第2報)
村松篤・小西道子・星野義延:多摩川河川堤防植生の刈り取り管理
三浦修・竹原明秀:平野の農村にみられる屋敷林の類型とその分布

第5回(2000年)高知大会 口頭発表

宮崎卓・Abdulla al-Wataid ・Abdur Aziz H. Abuzinadah:アラビア半島における熱帯雲霧林の植物社会学的研究I
原正利・神崎護・水野貴司・野口英之・K.Sri-ngernyuang ・大久保達弘・山倉拓夫・P.Sahunalu ・P. Dhanmanonda・S.Bunvavejchewin:タイ北部ドイ・インタノンにおけるブナ科植物の分布
大野啓一・李振宇:中国福建省龍栖山の常緑広葉樹林
沖津進:ロシア極東マガダン州におけるグイマツとハイマツの分布
持田幸良・宮本佳恵・山中三男・石川愼吾:北限域に生育し続けるスギ群落の構造と立地
林一六・大坪二郎:長野県根子岳におけるダケカンバとシラカンバの垂直分布
蛭間啓・福島司:長野県東北部・雑魚川流域のブナ林における平坦地・斜面間での構造・更新比較
持田誠・冨士田裕子・秦寛:北海道日高地方における北海道和種馬林内放牧地の植生
中村康則・波田善夫・能美洋介:岡山県玉野市地域の森林植生-5mメッシュによる植生解析-
須股博信:大分市洪積世台地に残る里山林の組成と林分構造並びに復元の試み
岸田章一・出口博則:温度傾度に沿ったアカマツ二次林の遷移系列の変化
桃下真理子・豊原源太郎:アカマツ二次林の遷移段階と優占種との関係
豊原源太郎・稲生和久:アカマツ-アラカシ群集・タカノツメ亜群集について
三木直子・坂本圭児・西本孝・吉川賢・波田善夫:マツ枯れ被害を受けたマツ林分の構造と動態
橋本佳延・武田義明:コナラ林の常緑化と主要構成種の動態
八木健爾・武田義明・小舘誓治:再度山永久植生保存区における植生遷移と埋土種子の動態
黒木志穂子・持田幸良:ミズナラ二次林下に生育するヒメイチゲの分布特性
山崎俊哉・丸井英幹・梅原徹:隣接個体法による絶滅危倶種の生育環境把握
渡邊定元:人間活動(盗採)による崕山石灰岩植物相の劣化
上條隆志・安井さち子 ・今関真由美・佐藤洋司:栃木県における森林棲コウモリの分布と現存植生図による解析
安島美穂・津田智:小清水原生花園における耕し処理による植生の変化
迫田昌宏:木津川河川堤防植生に及ぼす火入れの影響
中本学・下田路子・関岡裕明・森本幸裕:埋土種子活用による植生管理
齋賀紀子・波田善夫:岡山県鯉ケ窪湿原における湿原植生と日照条件の関係
田中徳久:神奈川県におけるミズニラ群落の現況
橘ヒサ子・松原光利・早川嘉彦・山崎真美・冨士田裕子:北オホーツク海岸モケウニ沼湿原における水生植物群落の分布と水質との関係について
池田浩明・横沢正幸・川島茂人:衛星データを用いた日光戦場ヶ原湿原の植生変動の解析
横山政史・大野啓一:三浦半島小網代における塩生植生の生態
中西弘樹:西九州のハマボウ群落について
星野義延・山口泰民・大山晶子:北部伊豆諸島における植物群落の多様性
高比良響・浅見佳世・武田義明:海岸風衝地におけるエノキ林の植物社会学的研究
平塚勇司・奥田重俊:エノキ-ムクノキ林の種組成と人為による変化
桑原佳子:大分川河川敷のヤナギ林の動態についてその2
平中晴朗・吉川正人・福嶋司:北関東における扇状地河川の河畔林の成立過程
星野義延・吉川正人:鬼怒川中流部における河跡池の成立と植物群落の構成
竹原明秀・井上恭子:岩手県雫石川の河辺植生
吉川正人・沖津進・石川幸男:沿海州の河川でのケショウヤナギの定着と成長
矢ケ崎朋樹・佐々木寧:「河川水辺の国勢調査」植生データの活用と課題
大野啓一:日本のハンノキ林の群落体系
田内裕之:公表データを用いた森林の炭素固定量推定システム

第4回(1999年)旭川大会 口頭発表

沖津進:ロシア北方域の植生配列からみた大雪山上部の植生分布
渡邊定元:北海道高山植物相と立地条件
鈴木伸一・片野光ー・吉井宏始・大森威宏・須藤志成幸:利根川源流域の多雪地植生について
大野啓一:北海道の冷温帯林に関する一考察
福嶋司・西尾孝佳・楊良:中国貴州省・梵浄山のブナ属森林の組成と構造
梶幹男・北畠琢郎:ブナ北限 問題の解明に向けての二つの新仮説
田内裕之:森林遷移を決める個体の成長履歴-洞爺丸台風後の継続調査から-
上條隆志・北山兼弘・菅原綾:一次遷移における森林・土壌系のダイナミズム-伊豆諸島三宅島を例に-
服部保:タブ型照葉樹林の群落分類と各群落の成立要因
石田弘明・服部保:孤立照葉樹林の種数-面積関係の地域間比較
山下寿之:分布北限のオオツクバネガシ個体群を含むウラジロガシ林の群落構造
三浦修・大竹房子:分布北限域における常緑広葉樹の実生・稚樹の分布に関わる被覆樹冠層の効果
田村和也・服部保:海岸性カシワ林・ニレ科林の地理的分布と冬季季節風
竹原明秀・平吹喜彦・原正利・大場達之・C,Barbosa・李貴林:南米コロンビア熱帯季節林の構造と動態-6年間の変化-
矢ヶ崎朋樹:比企郡滑川町における土地改変の履歴と植物群落の分布・編組成について
田中徳久:川崎市南部の植物群落
石原和代・星野義延:水田地域における土地利用と植物の種多様性との関係
迫田昌宏・武田義明:神戸市域の水田畦畔に成立するススキ・チガヤ群落の特性
周進・内藤和明・高橋佳孝:STUDY ON SUCCESSION OF ABANDONED GRAZED-GRASSLAND VEGETATION IN UPLANDS OF SOUTHWESTERN HONSHU・ JAPAN
山戸美智子・服部保:六甲山に残存するススキ草原について
今西朋子・野嵜玲児・三原加帆里:東播磨の禿山植生
津田智:山火事跡地の植生:再生初期の群落の特徴
林一六:植物群落の種類組成について
八木正徳・星野義延・久保田七海:伐採間隔が長期化したコナラ二次林で萌芽更新は可能か?
島田和則・田中信行・九島宏道・八木橋勉:茨城県中央部における森林植生の植物社会学的研究-特に落葉広葉樹林の特徴-
本郷真・武田義明・服部保・小館誓治:六甲山系におけるオオバヤシャブシの群落学的研究
岸田章一・豊原源太郎・出口博則:アカマツ二次林の遷移にみられる地域差
豊原源太郎・岸田章一・大谷心也:広島県におけるアカマツ林の群落分類上の問題点について
久保満佐子・島野光司・大野啓一・崎尾均:渓畔林における高木性樹木の生育立地と種組成の対応
並川寛司・奥山妙子:石狩低地帯における湿性林の植生構造
桑原佳子:大分川河川敷のヤナギ林の動態について
奥田重俊:北海道の河辺林と主な草本植生について
星野義延・中山昭男:多摩川河川敷におけるハリエンジュの種子散布と埋土種子
馬場明子・石川愼吾・三宅尚:撹乱地に生育するシソ科一年生草本の生態的特性
松間充・金子是久・奥田重俊:都市河川におけるオオカナダモの生育状況
関岡裕明・下田路子・中本学・森本幸俗:営農作業による休耕田植生管理の試み(第4報)
浜端悦治:中国雲南省大理州泪海における沈水植物群落の分布
樫村利道:福島県赤井谷地の保護と活用の計画
池田浩明・松井哲哉:ニュージーランド南島における湿性槌生の表面温度特性
菊池亜希良:湿原の水文地形と植生-湧水湿地を中心として-
冨士田裕子:北海道利尻島内の湿原植生について
佐藤雅俊・高橋勝・橋ヒサ子:雨竜沼湿原における踏みつけ荒廃地の微地形と植生

第3回(1998年)横浜大会 シンポジウム

奥田重俊:日本の群落体系はどこまでまとめられたか
宮脇昭:群落体系研究の意義
藤原一繪:ヤプツバキクラス(常緑広葉樹林)の体系と地理分布
大野啓一:日本海型プナ林(チシマザサ-ブナ群団)の体系
村上雄秀:ヒメコマツオーダーの体系
鈴木伸一:イヌシデ-コナラ群団について
中村幸人:コケモモ-トウヒクラスの体系
奥田重俊:主な草本群落の体系

第3回(1998年)横浜大会 口頭発表

服部保・石田弘明:照葉二次林における種組成の特性
山本紗知・石田弘明・服部保・武田義明:対馬の照葉原生林と照葉二次林の比較
石田弘明・服部保:宮崎県南部における孤立照葉樹林の種数-面積関係について
小舘誓治・服部保:三田市フラワータウン内孤立二次林の土壌環境-隣接林分間での比較-
上條隆志・星野良延・袴田伯領:伊豆諸島八丈島の森林植生の種組成に関する研究
小林圭介・名迫素代・麻生泉:大津市の植生に基づいた自然景観と自然環境の評価
橘ヒサ子:北オホーツク モケウニ沼湿原における植生の分布構造
中西正:渥美半島むくろじ湿原の植生衰退
安島美穂・津田智:静岡県富士市浮島ヶ原湿原におけるヨシ群落の埋土種子集団
石川愼吾・馬場明子・江藤宏治:高知県宇佐竜蟹ヶ池の湿生植物群落
下田路子・関岡裕明・筒井宏行・中本学・森本幸裕:営農作業による休耕田植生管理の試み(第2報)
関岡裕明・下田路子・中本学・森本幸裕:営農作業による休耕田植生管理の試み(第3報)
辻秀之・武田義明・竹岳秀陽・寺崎美和・藤本豊:湿原植生の保全を目的とした移植について-垂水湿地移植後3年までの結果-
高橋和成・難波靖司・田戸亨・波田善夫:岡山県児島湾干拓地の干拓年代と畦植生との関係
野寄玲児・入岡恭子・田中祐子:北摂地域における棚田周辺草地の植生
三浦修・石井利正:北上山地の荒廃裸地における植生回復と現成周氷河作用の関係
建元喜寿・中村徹:スキー場における硫安散布が植生に及ぼす影響
持田誠・茂野朋昭・海野芳太郎:道内2ケ所のスズラン白生地の植物相
大野啓一:オサバグサの分布と生育環境
吉田久視子・鈴木武・武田義明:都市残存緑地におけるカンサイタンポポの遺伝子多様性
渡辺幹男・芹沢俊介・内藤敏江・石黒整・小松康彦:遺伝的構造分析による環境影響評価と保全-愛知万博・環境アセスで注目の植物を材料として
沖津進:サハリン最北端シュミット半島に分布するエゾマツ林の成立機構
大場達之:サハリンの高山植生
峠田宏:日本の植生帯の面積
渡邊定元:富士山の森林植物帯について
原正利・神崎護・水野貴司・野口英之・K. Sri-ngernyuang・大久保達弘・山倉拓夫・P. Sahunalu・P.Dhanmanonda・S.Bunyavejchewin:タイ北部熱帯山地林の種組成およびその植生地理学的考察
神崎護・原正利・水野貴司・野口英之・他6名:熱帯山地林の種多様性
石橋昇・秋吉知久・高島昇:松枯れ被害地における植生遷移
高間一・岸田章一・豊原源太郎・出口博則:アカマツ二次林の遷移とマツ枯れ
三木直子・西本孝・坂本圭児・吉川賢・波田善夫:岡山県南部花筒岩地域におけるマツ枯れの発生と集水面積の関係
栗山みどり・東郷恵利子・竹岡一・波田善夫:岡山県南部の森林植生1.現在の植生
波田善夫・東郷恵利子・竹岡一・栗山みどり:岡山県南部の森林植生2. 14年間の変化
林一六:長野県菅平における植物遷移
田中徳久:神津島天上山の植物群落
山戸美智子・服部保・浅見佳世・武田義明:琉球列島のススキクラス(半自然草原)の群落分類
島田和則:神津島天上山の火災跡地における再生群落の動態と地表撹乱の影響
大野啓一・池田正・持田幸良・星直斗:中部地方以北のイヌブナ林の種組成と立地環境 Ⅰ
持田幸良・星直斗・大野啓・池田正:中部地方以北のイヌブナ林の種組成と立地環境 Ⅱ
平山貴久・芳之内祐司・岳本亨・上岡政夫・石川愼吾:四万十川坂本背割堤の多自然型川づくり実施箇所における植生動態
星野義延・源島直之:多摩川支流秋川の渓流辺植物群落の生態分布
吉川正人:鬼怒川におけるヤナギ群落の分布と1960年代以降の河道特性の変化
菅沼孝之・麻生泉・名迫素代・冨士摂:奈良県大峰山脈で鹿害を受けた天然記念物オオヤマレンゲ自生地の現状と保全

第2回(1997年)神戸大会 口頭発表

石田弘明・服部保:宮崎県における照葉型里山の特性について
赤松弘治・服部保・武田義明・山崎寛:北摂地方に成立するクヌギ-ニシノホンモンジスゲ群集(仮称)について
服部保・武田義明・山崎寛:兵庫県の里山整備事業による里山整備の方向
伊藤秀三:ふたたび種の地理分布の中心域と限界域における生態分布の相違について
沖津進:カムチャッカ半島中部ダリナヤ-プロスカヤ山における森林限界付近のダケガンバ林の構造と植生地理学的位置づけ
上條隆志:伊豆諸島の常緑広葉樹林の生態的特質としてのニッチ拡大
佐藤雅俊・橘ヒサ子:西別湿原の変遷とヤチカンパ群落の分布構造
小林圭介・名迫素代・久保田善道:滋賀県稲垂湿原の植生と保全対策
吉田久視子・武田義明・竹岳秀明:兵庫県南部における低湿地植生の植物社会学的研究
冨士田祐子・井上京:ハンノキ林における地下水位の変動について
吉川正人・福嶋司:鬼怒川中・下流域河辺のヤナギ林群落の種組成
永吉照人・小館誓治:マヤランの生態と増殖
小館誓治・永吉照人・石田弘明:カザグルマ群落の立地環境
藤井俊夫・小館智治・服部保・石田弘明:分布北限地におけるハイノキの生育状況
渡辺幹男・榊原洋子・櫛田敏宏・神崎護・山倉拓夫・芹沢俊介:加重平均法による各種タンポポ地図の作成-大阪城におけるニホンタンポポの落城の危機-
鈴木武:兵庫県加古川市のヒメコウホネの緊急移植とその後
下田路子・中本学・森本幸祐:営農作業における休耕田植生管理の試み(第1報)
田川日出夫:照葉樹林群系について
田中徳久:神奈川県大和市の植生
八木正徳・星野義延:東京近郊の丘陵地におけるアズマネザサの分布と微地形との対応
清水英彦・奥富清:竹林の拡大とその拡大に関する生態学的研究V-モウソウチク個体群の時間的構造変化とその戦略的意義-
黒崎祐美・.高間一・豊原源太郎:コナラの産地による開芽時期の変異
西尾孝佳・福嶋司:太平洋型ブナ林の群落分化と隣接群落の関係-DCAによる解析-
井上晋・山野辺捷雄:九州におけるブナの分布西限林の植生
大野啓一・尾関哲史:丹沢山地ブナクラス域の植生最観の群植物社会学的研究
長岡総子・奥田重俊:本州中部におけるウラジロモミ林の種組成について
蛭間啓・福嶋司:群馬県・玉原高原のブナ林における種組成と構造の関係
伴武彦・福嶋司:東京湾の人工海浜における海浜植物群落の特性
石丸京子・畠山末吉・小松輝行:エゾノリンゴ海岸砂丘林の群落構造と組成
岡野哲郎・荒上和利:モミ・ツガ林の構造と動態について
小川みふゆ:日光地方の山地帯林および亜高山帯林におけるシウリザクラの拠動
前迫ゆり:御蔵島の照葉樹林におけるオオミズナギドリの影響
武田明正:三重県の暖温帯域にみられる森林の種多様性と階層構造
星野善延・中島慶次:都市-郊外景観傾度に沿った土地利用とつる植物相の変化
西本孝・波田善夫:航空写真から見た羅生門周辺の50年間の植生変遷
細川博久・菊池多賀夫:ブナ科コナラ属の未記載種・いわゆるモンゴリナラの生育環境
波田善夫・高橋和成・難波靖司・大西智佳:鷲羽山の植生と立地環境
岸田章一・児島葉子・豊原源太郎・出口博則:二次遷移に伴う木本植物の被度の増減
中尾昌宏・浅見佳世:生物相の保全を目的とした・放棄水田の植生管理について
浅見佳世・山戸美智子・服部保:除草型チガヤ群集(チガヤ-ヒメジョオン群集)の特性について
山戸美智子・浅見佳世・服部保:兵庫県三田市における圃場整備前後のチガヤ型草原の比較
桑原桂子・福島司:久住高原のリゾート開発における草原の復元について
迫田昌宏・武田義明:貴重種ヤブレガサモドキの生育環境について
山田麻子・大野啓一:三浦半島小網代周辺の谷津田放棄地の植生について
池田正・大野啓一:天城山北斜面における微地形と植生分布について
竹原明秀:宮城県小野田町荒沢地域の植生
中西弘樹:長崎県石灰質砂岩地帯の植生とフロラ
波田義夫・安達一雄・難波靖司・大西智佳:樹木種子による法面緑化について-播種種1年目の結果について-

第1回(1996年)大会岐阜 口頭発表

神崎護・藤井範次・山田俊弘・山倉拓夫:地形的ニッチ分割の定量的解析:比較群落論のための試行
石田弘明・服部保:孤立照葉樹林および孤立二次林の種数-面積関係の比較
西尾孝佳・福嶋司:ブナ-ヤマボウシ群集の組成分化と群落の均質性の関係
石橋昇・小笠原文・竹富雄一郎:東広島市槌山における森林植生と土壌母材
山瀬敬太郎・小館誓治:斜面地におけるアカマツの優占状態と土壌との関係
清水英彦・奥富清:竹林の拡大とその機構に関する生態学的研究IV -特に多摩地方におけるモウソウチク林の拡大と地形・土地利用型の関係-
安島美穂・津田智・冨士田裕子:小清水原生花園における火入れと放牧が植生に与える影響
福嶋司・松井哲哉・木原大太郎・萩原哲也:東京23区の防火力診断
潰田三賀・石川愼吾・三宅尚:土壌花粉分析による上高地梓川河辺林の動態の解析
吉川正人・福嶋司:鬼怒川中流域河辺のヤナギ林群落における群落構造の分化と優占種の関係
奥田重俊:富士川の河辺植生
笠原恵美・奥田重俊:多摩川中流域の植生図化と植生配分
山本久美・石川愼吾:徳島県黒沢湿原における主要構成種の実生の成長特性
松村俊和・武田義明:六甲山系におけるクマノミズキの生育立地と更新機構
新谷彰・雨宮永・佐藤陽子・渡邊定元:ハイマツ束生稚樹の種内関係
大野啓一:日本各地における照葉樹の開芽時期-とくにシイについて-
上条隆志・奥富清:伊豆諸島におけるスダジイ林とタブノキ林の分布と動態
武田明正・渡邊定元:紀伊半島南東部に位置する尾鷲地方における照葉樹林の種組成と構造
阿部泰雄:九州北東地域の植生概観
星直斗:丹沢山地における暖帯落葉広葉樹林について
岡野哲郎・小林元・井上晋:古処山山頂部の石灰岩地に成立する森林群落について
野寄玲児・守屋恵美・佐野夏江:東播磨南部のススキ-ウンヌケ優占型草地の植物社会学的研究
沖津進:シホテ-アリニ山脈北部アニュイ川流域の森林植生
伊藤秀三:日韓海峡域における数種の植物の生態分布の相違と群集標徴性について
渡邊定元:地球温暖化によりブナは北進するか?
豊原源太郎・岸田章一・児島葉子・宮本和樹・高間一:放棄水田稲作再開地における春季水田雑草群落の形成課程
冨士田裕子・橘ヒサ子:元国指定天然記念物「静狩泥炭地」の変遷と現状
山本聡子・福嶋司:九十九里低地において移植した湿生植物群落の管理手法の検討
高間一・岸田章一・児島葉子・宮本和樹・豊原源太郎:植生図化によるマツ枯れの研究
中西弘樹:海浜植生の退行化と破壊度
小林圭介・麻生泉・瀧華佐和子・名迫素代:滋賀県竹生島の植生復元について
渡辺幹男・芹沢俊介・菅沼孝之:大台ヵ原へ他地域のトウヒを移植してもよいのか?